« 高円宮妃久子殿下には天皇賜杯第69回全国軟式野球大会に御成りいただきました。 | トップページ | 出雲大社、伊勢神宮に次いで大遷宮は掛合の入間の八重山神社 »

男点前のお茶席に挑戦しました。人生最高でした。

9月28日は私の人生にとって素晴らしい日となりました。私は最近三刀屋の景山充子先生の下に裏千家茶道を習いに一週間に一度稽古に通っています。この春から、先生から男点前をやるようにと御すすめがありました。そんな大それたことはと思っていましたが、お盆前ごろから本格的な話となりました。男というのは景山充子先生の御主人の寛先生と木次の華羅の御主人の景山勳社長、そして私の三人です。

みんな同じ景山です。景山三山です。そして9月28日開催、場所は景山社長のお宅で決行されることなりました。濃い茶点前は私景山、薄茶点前は景山寛先生、料理は景山勳社長が受け持つことになりました。自慢ではないですが私という景山が一番不安です。

景山三人衆ですから、山を主題にしようと思い、ちょうど今年は富士山がユネスコの世界文化遺産に決まりましたので、茶聖松平不昧公の富士にちなんだ掛け軸用意し、山なので島根では松江の楽山窯の、私の大学の後輩の長岡空郷さんに鶴首の花入れをつくってもらいました。また主茶碗は大樋窯九代の大樋長右佐衛門の富士の絵が描かれた黒を使用させていただきました。水差しは男らしさ、戦国の世を思わせる伊賀を使用させていただきました。

いよいよ当日になりましたが、私は風邪をひくやらけいこ不足で全く自信のないまま臨みました。お客様はなんと24名、ほとんど女性の皆さまで緊張の上に緊張が重なりがくがくでした。

案の定私は失敗の連続でした。景山充子先生はハラハラドキドキであったと思います。

さすがに景山寛先生は大したもので全くミスもなく一番難しい色紙点前を難なくこなされました。拍手喝采でした。

料理は景山勳社長の腕前には皆さんびっくりおいしくにこにこでした。

いずれにしても出席者の皆様の温かいお気持ちでお茶の世界は山上宗二、井伊直助伝来の『一期一会』を大切にという教えの通り、今日の出会いを大切にして盛り上げていただきましたことを心から感謝いたします。ありがとうございました。

私にとって人生初めての経験は緊張しましたが、とても楽しく人生はブラボーと感じ、これからもお茶の世界に精進し様と思います。

|

« 高円宮妃久子殿下には天皇賜杯第69回全国軟式野球大会に御成りいただきました。 | トップページ | 出雲大社、伊勢神宮に次いで大遷宮は掛合の入間の八重山神社 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/517932/58292477

この記事へのトラックバック一覧です: 男点前のお茶席に挑戦しました。人生最高でした。:

« 高円宮妃久子殿下には天皇賜杯第69回全国軟式野球大会に御成りいただきました。 | トップページ | 出雲大社、伊勢神宮に次いで大遷宮は掛合の入間の八重山神社 »