« 五月八日誕生日を迎えました。 | トップページ | 我が家の庭の女王シャクナゲの花が咲きました。 »

桃源郷祖谷山里 アレクッス・カーの世界

Img_3221Img_3223


5月の連休に尾道松江線掛合吉田インター~三次インター開設したのを記念して、家族で高速道を走り、岡山から瀬戸大橋を渡り、大歩危、小歩危、蔓橋、剣山で有名な祖谷渓谷をおとずれました。

米国メリーランド生まれで1964年来日、少年期に体験した日本の美しさと

失われゆく現状を国内外に訴えたアレックス・カー氏が祖谷の落合集落の

古民家を買い昔のままに保存し内部を宿泊施設に改築した桃源郷祖谷の『浮生』にとまりました。

{落合集落}山奥の、またその奥へ 高低差390メートル 石垣に支えられた斜面に

70余軒の民家と畑 てっぺんの家からは 雲が下に見える 天空の山里

{泊まる}茅葺き屋根の下 話をする 本を読む 酒を飲む いつもできないふつうのことを

それができる特別な場所

{食べる}変わらないもの 小さないも 固いとうふ 短いそば 受け継がれるそれぞれの形

祖谷の食にはわけがある

{出会う}旅の最後に残るもの 「どっから来たん?」普段みない顔でも気にかけてくれる

おじいちゃん 「ごはん食べたん?」子供や孫と同じように心配してくれるおばあちゃん

遠い旅路の中の 何気ないやりとり

{アレックス・カーと祖谷}古いものの中に、新しいものを取り入れる。それが伝統を守る道なのです。

昔の生活はまだ残っていましたが、消えゆく間際だったのです。

畑で働く人々は 草であんだ蓑を着て 作業をしてましたし、 家の中ではイロリが 

実際に使われていました。

今でも祖谷にもどると、 世間からはなれて雲の上の世界にはいったような気持ちになります。

皆さんも一度訪れてください。

桃源郷祖谷の山里

住所 〒778・0206 徳島県三好市東祖谷和田96・3 竜宮崖観光案内所横

TEL088/88/5120

|

« 五月八日誕生日を迎えました。 | トップページ | 我が家の庭の女王シャクナゲの花が咲きました。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/517932/57383827

この記事へのトラックバック一覧です: 桃源郷祖谷山里 アレクッス・カーの世界:

« 五月八日誕生日を迎えました。 | トップページ | 我が家の庭の女王シャクナゲの花が咲きました。 »