« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »

2013年4月

穴見谷集落の行政連絡員になりました。

我が穴見谷集落の行政連絡員(俗に常会長とともいわれていますが)に今年一年間務めることになりました。これまでどうしても忙しくて皆さんのご理解の上免除していただいていました。しかし今年は集落のお世話役を務めさせていただくことになりました。どうかよろしくお願いします。4月27日は今年度初めての常会が開催されました。市からのいろいろな連絡事項、今年の集落の計画など報告させていただきました。少し緊張しました。この一年間一生懸命に務めさせていただきます。これまで気がつかなかったいろいろな行政の末端へ国や県、市で決まったことがどのように地域住民に伝達していくのか詳細にわたりわかって参りますのでのでこれまでとはまた違った意味で勉強にもなります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

隠岐の海関小結昇進おめでとうございます

隠岐の島町出身の隠岐の海関が晴れて小結に昇進を果たされました。おめでとうございます。

島根県相撲連盟としても心からお祝い申し上げます。

今後横綱を目指して一層頑張ってください。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

地震のお見舞い申し上げます。

昨日の朝地震の揺れで目が覚めました。関西方面は相当揺れたようですがいかがですか。被害がないことを祈っています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

今年は花見と雪見を同時にできました。

今年は不思議なことに花見をした後、雪見もできました。不思議な年でした。奥出雲の小京都吉田町に「喜楽」という蕎麦屋がありますが、とても味が良くてサービス満点の店があります。高速が開通したおかげで松江からたくさんの人が来ます。

皆さんも一度来てみてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高速道松江尾道線 の吉田地内の『たたら場壱番地』で長崎勉さんの農産品を買いましょう

高速道松江尾道線の吉田地内にある『たたらば壱番地』で掛合の農業のリーダー長崎勉さんのそば粉をはじめたくさんの農産品をお買いください。農業に命をかけて頑張っています。すぐ売り切れますのでお早めに!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雲南市吉田町は奥出雲の小京都、掛合町は奥出雲の小江戸といわれています。

高速道松江広島の掛合吉田から三次まで開通しましたが、たくさんの車が通行しているようです。そこでこれからは奥出雲の小京都といわれる吉田町と奥出雲の小江戸いわれるようになる掛合町とに関心を寄せてください。今から新緑がとても美しくなります。掛合の八重山神社は一度訪れてみてください。皆さんびっくりしますよ。とてもっパワースポットとです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

出雲大社の神苑で中国5県の相撲選手権大会を開催します。今年8月25日

今年の8月25日出雲大社大遷宮記念中国5県による相撲選手権大会を開催します。主催は島根県相撲連盟(景山俊太郎会長)です。出雲大社の千家宮司様に名誉会長をお願いしました。小学生のちびっこから大人までたくさんの選手が集まります。また最近人気の出ている女子相撲も行います。出雲路に選手役員をはじめ選手の御家族、知人、友人とたくさんの人が訪れていただきます。出雲は日本の相撲の発祥の地として有名です。島根県相撲連盟は出雲大社の大遷宮に少しでも御協力して島根の発展に寄与する考えですのでたくさんの皆さんの御来場をお願いします。出雲大社の皆さんに並々ならぬ御協力していただくことになり本当に感謝しております。よろしくお願いします。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

今年も3月11日が過ぎました。

今年も3月11日がやってきました。テレビ新聞から震災の当時とその後が流れています。地震津波の被害は全くといって回復していない。人々の将来は見えてこない。原発事故は未来永劫といっていいほど見通しは立っていない。いまだ15万人以上の人たちは避難したままだ。日本列島は地震の巣であり、豆腐の上に乗っているようなものだ。危険極まりない。福島の現状を見ると原発はどう考えても廃止していくべきという考えで対処すべきでしょう。もし2年前と同じような地震、津波が襲ってきたなら福島原発は全く壊滅状態になり、多分東日本は住めなくなることでしょう。島根にも三基も原発があります。人がつくったものは必ず壊れる。海辺にあるから塩水の影響を受け構造物は傷みやすい。北朝鮮をはじめとして多方面からのテロの影響も心配される。島根原発の電力は多分島根では使用されず、瀬戸内側で使用されている。島根はわずかなお金で迷惑なものを引き受け、常に危険にさらされている。廃棄物の中間処理施設も、最終処理場も何も日本にはない。30キロ以内の避難についていくらやっても何処へ逃げるんですか。高速道は上下一車線なので一件でも事故が起これば完全に終わりだ。消防車も救急車も全く役に立たなくなる。自衛隊の派遣なども全く機能しなくなる。原発を設置すれば多くの企業が来るといわれたがそんなに来ているとは思わない。それより過疎が進み、今や人口は70万人を切るところにある。後20年もすれば20万人が減少し、県として成り立たなくなるでしょう。その前に道州制になるかもしれませんが。まず島根でやることは40年近く使用している1号炉の廃止だけは早く公表すべきです。福島原発と同じ型と聞いています。もしのことがあれば松江をはじめ近隣地域は住めなくなるでしょう。今まで築いたものはすべて灰に帰します。中国電力は原発に依存率は8%、9%といわれていて全体に占める割合はまだ少ないし、中国地方は電力は余っていて、関西電力などに売っているようです。未来を見据えて今こそエネルギー政策を見直すべきです。日本海側で都市づくりを考えるとすれば雲南、出雲、松江、安来、米子、境港を中心にしたエリアです。将来広島、岡山に匹敵するエリアとして構築していく必要があるでしょう。迷惑施設があれば人も企業も集まらなくなるでしょう。人にとって安全、安心が大切です。今こそ政治の英断が必要な時です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »