« 安倍総裁と石破幹事長に私の気持ちをつづり手紙を送らせていただきました。 | トップページ | 自民党公認問題につき応援していただき有難うございます。 »

広島景山俊太郎後援会の参議院選に向けての激励会が盛大に開催されました

広島市内のホテルで広島景山俊太郎後援会会長貝川健一様(元中国電力副社長、元中電プラント社長)中田選NPO世界理事長様、今井誠則東洋観光グループ代表様など広島を代表される経済人30人の方たちがお集まりになり、隣県の景山俊太郎のこの夏の参議院議員選挙自民党公認出馬獲得に対して、まことに盛大な熱のこもった激励会を開催していただきました。ほんとにうれしく思いました。この会は私が6年前に私の不徳の致すところご迷惑をおかけしたのにかかわらず長い間友情をはぐくんでいただいた中田理事長様が音頭をとっていただき今日まで続いている私を支えてきてい頂いている会です。中田理事長様から現状報告と激励の御挨拶、貝川健一様の激励挨拶があり。私からも感謝とお礼の御挨拶とさせていただきました。また出席の皆さまから暖かい激励のお言葉をいただき本当にうれしく思いました。人生忘れることのできない会合でした。今年の3月からはいよいよ三次までの高速道も完成しますのでますます島根と広島はより一体的に発展していくことが期待されますし、そのためにはお互い協力体制を組まなくてはなりません。私も今後と島根と広島の架け橋の役目がやれたらと思います。広島の皆さん本当にありがとうございました。

|

« 安倍総裁と石破幹事長に私の気持ちをつづり手紙を送らせていただきました。 | トップページ | 自民党公認問題につき応援していただき有難うございます。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

隣県である広島後援会からの激励は、先生にとって非常に心強かったのでは、と思います。

私自身は、偶然にも父祖の家系が広島県出身で、また母方の親戚が安来市内に在住しており、
そういった面で島根県のことは以前から非常に気になっていたという個人的な事情もあるのですが、
そうではなく、多少の地縁・血縁が島根県内には全くない人であっても、
先生の今日までの国家・郷土に対するご貢献を決して忘れず、一連の公認の動きを注視している人は決して少なくないと思います。

もしかしたら、中央政界の「維新」「みんな」両党の関係者の人々も、公認問題を非常に気にしているかも知れません
(実際、維新の藤井孝男・片山虎之助両氏は、かつて先生と同じく平成研に所属していたという経緯もあるでしょうから)。

無論、先生が今後も自民党内で再裁定による公認復活 or 比例区転出という可能性も決して小さくありませんが、
党内から立候補されるにせよ、あるいは離党・他党への合流を検討されるにせよ、
今こそ日本国・日本国民が先生のお力を必要としている時です。
決してめげずに全力投球で頑張って下さることを心より願っております。

投稿: 愛知県民 | 2013年2月24日 (日) 09時00分

愛知県民様

心強い激励ありがとうございます。

投稿: 景山俊太郎 | 2013年2月24日 (日) 21時39分

国をお任せできるのは、景山俊太郎先生しかいないと思います。
頑張って下さい。心から応援します。

投稿: 徳島県民 | 2013年2月26日 (火) 22時42分

自民党島根県連が公認決定に当たって不信感を世間に放つことは野党に転落したことの反省がなされていないことの表れです。

投稿: 景山応援団 | 2013年2月27日 (水) 11時27分

貝川さんは中国電力の元副社長だったと思いますよ。

投稿: 松江人 | 2013年3月 8日 (金) 17時20分

松江人様

ありがとうございます。訂正させていただきました。

投稿: 景山俊太郎 | 2013年3月10日 (日) 08時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/517932/56828043

この記事へのトラックバック一覧です: 広島景山俊太郎後援会の参議院選に向けての激励会が盛大に開催されました:

« 安倍総裁と石破幹事長に私の気持ちをつづり手紙を送らせていただきました。 | トップページ | 自民党公認問題につき応援していただき有難うございます。 »