« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

2012年10月

今年も大田市の縄手会に参加し有意義な時を過ごしました。

今年も大田市の川合にある縄手会の懇親会に参加しました。飯塚典子さんのお世話に感謝します。また地元の椎木ご夫妻にもお礼を申し上げます。縄手会の皆さん元気でした。飯塚さん椎木さんの奥さんの寸劇は毎年誰もの楽しみですが今年もとても面白く笑いの渦でした。来年もよろしくお願いします。皆さん竹島の問題と尖閣の問題について心配されていましたので私が知っている範囲で説明しました。誰も日本の行く末について心配されていました。楽しい時間はすぐ過ぎるもので時計を見たら夜の11時を過ぎ、再会を期して会が閉じられ家路につきました。縄手会の皆さんありがとうございました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

掛合町ふるさと里大運動会ー掛合太鼓揃い打ち

Img_3085 Img_3087 Img_3089

掛合町ふるさと大運動会が盛大に開催されました。掛合の伝統芸能掛合太鼓も大活躍しました。小学生(5.6年生)中学生、高校生、保存会合わせて100人余の打ち手のそろい打ちは中々圧巻でした。掛合は保育所の園児から太鼓になじみ後継者の育成をはかっています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

島根県町村議会議員研修会に参加しました。

10月10日松江の「タウンプラザしまね」で開催された島根県町村議会議員研修会に出席して公演を聴講しました。今年から一般市民にも門戸を広げられました。とてもよいことと思いました。私が聴講に参加しようと思ったのはNPO法人あしぶえ理事長園山土筆さんが講演されるのを知ったからです。また法政大学の地方行政について著名な廣瀬克哉教授の講演もありました。町村議長会の会長は昔からお世話になっている飯南町議長の那須穂士輝さんですが、主催のあいさつで私の姿が目に入り、わざわざ紹介していただき誠に恐縮しました。ありがとうございました。

廣瀬先生の講演は最近の地方議会の課題をきめ細かく説明され久しぶりに大学に行ったようでした。

園山土筆さんのお話は一般社会から議員さんの姿を軽妙な語り口でお話になり議員の皆さん頭をかいたり爆笑したりとても面白く聞くことができました。また劇団あしぶえの劇場を旧八雲村に建設するにあたりとても苦労したことまた当時の石倉村長の情熱的な援助に感謝し、その後街づくりに積極的に文化活動として取り組んだ苦労話はとても議員さんに参考になったと思います。劇団あしぶえは45年の歳月を経て今日の発展となりました。多くのボランテアの人たち、地域の人たちの応援より成りたち、演劇による街づくりに努め、今では「八雲国際演劇祭」を主宰され世界各国との連携にまで人の輪が広がっています。私の次女も通訳ボランテアに参加していますが、そのことも紹介していただき恐縮しました。

久しぶりに各町村の議員さんともお会いし、お話ができとても楽しいひと時を過ごすことができました。

いずれにしても今日は誠に心がワクワクする一日でした。みなさんありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

JA青年奮戦、徳島県上勝町の『彩いろどり』事業

先般映画『いろどり』を観賞し感動しました。それは過疎町村徳島県上勝町で本当にあったお話です。上勝町は県庁所在地の徳島市から約40キロでバスで2時間はかかる2000人余りの小さな町です。ほとんど高齢者といってもよいところです。いずこも同じで若い人は都会に出て言っています。今日も一家族明日も一家族と人が出ていく街です。その町のJA職員が苦労しお年寄りを励ましていろいろな葉っぱが料亭などの盛り付け飾りに重宝がられているのに目をつけ、昭和61年から試験的に取り組み始めました。『いろどり』というのは紅葉、柿、南天、椿の葉、梅、桜、桃の花などです。そのほかに松葉や稲穂などでつくったお祝い用の飾りや箸置き、食用の山野草、食用花などを出荷しました。これらの生産物は軽量であるが付加価値が高く、女性やお年寄りに容易に生産にたずさわれ、生産設備投資も少なく、地域に残った人たちで十分対応できる。当初は年間100万円程度だった出荷額も現在では2000名の生産者で年間2億数千満円の売り上げをするようになりました。女性の服装は次第にファション化していきます。家もきれいになりました。仕事にはパソコンをはじめ情報器機を駆使し、みなさん目を輝かしています。一人の熱心なJA職員のアイデアと努力は街を大いに活性化させました。今では都会から帰り『いろどり』事業に取り組む人もたくさんいるようになりました。吉行和子さんらが出演していますぜひご覧になって勇気を出しましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今の日本を引っ張ることができるのは自民党しかないでしょう。

十月一日の私の思い。自民党が政権を離れて民主党政権になり三代の内閣が代わりました。鳩山内閣は戦後築いてきたアメリカとの関係をむちゃくちゃなことにし、沖縄の皆さんの信頼をことごとく壊しました。菅内閣は未曽有の大地震災害と福島原発災害の対応は取り返しのつかないものでした。野田内閣は日韓、日中の関係をどうしようもないことにし、マニフェストにもない消費税を国民をだまして可決しました。この三代の内閣の所業は戦後国民が必死で頑張ったことをことごとく破壊しました。一日でも早く政権が交代し、やり直しをしなければなりません。今回自民党は安部総裁、石破幹事長を選任しました。安部総裁は一度総理職を投げ出しました。しかしこの五年、健康を取り戻し、今一度日本の為に頑張ろうという強い決意をもたれ今回自民党総裁に当選されました。安部総裁は挫折のなかからいろいろな苦労に耐え、今一度日本の為に起ちあがろうという気持ち、気概を私は買います。石破幹事長も地方をこまめに歩き、日本の実情を知り、あらゆることを勉強したことにより国民の多くの支持を得たことが今回の党員投票に表れたと思います。二人のタイアップは再び日本を良き軌道に乗せ、世界からの信頼を取り戻すことは必至です。早く自民党が政権を取り戻し、安部総理、石破幹事長の時代が来ることを心から祈ります。今地方の再生が日本の再生を取り戻すのです。日本はアメリカ、中国、韓国など世界の国々との良き関係を取り戻し、日本の活力を今一度国民の手に取り戻しましょう。戦後のあらゆる施策を総括し、大きく発想の転換を図り、日本の再建を図りましょう。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »