« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

2012年9月

穴見谷集落の秋の道掃除

今日は朝から我が常会、穴見谷集落の秋の共同作業である道掃除があり参加しました。とてもよい汗を流しました。作業のはじめと中間と最後はお茶して世間話に花が咲きました。吉田、掛合インターが近いのでひっきりなしに自動車が通ります。とても危険ですが、来年の春からは三次まで一直線になるため自動車の通行は少なくなることでしょう。いよいよ秋になり次は運動会です。私は玉入れの選手で活躍することになっています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

友達からの手紙

お家芸 : OfficePascal



 当局があおり立てる反日騒動が収まららないことと共産党内部の権力闘争が長引いているのとは相関にあることは諸般の事情が雄弁に物語る。共産党内部闘争のインサ
イドレポートでは定評のある「 <http://blog.boxun.com/hero> 博讯」が伝える事情とは、権力移譲の重要な時期に2週間もの間姿をく
らました次期国家首席候補の雲隠れに見え隠れする改革対保守派の対立の深刻さ。双方とも「愛国」競争であるから、野心を「反日」の名に置き換える伝統
的Xenophobiaは恰好だった。レポートによると、日本が軍隊を尖閣諸島に駐留させれば日米連合軍と軍事衝突も辞さない、などと強がっているらしい。



そう言わざるを得ない背景には、第二次文革を策して失脚した元重慶市長ドノを押す軍指導部の根強い抵抗がある、と。主席候補ともども「革命英雄」二世プリンスとし
ての育ちは、現共産党総書記、首相にはない軍内部の強い支持がある。失脚プリンスの親父・薄(Bo)一波はウルトラ左派で知られた。Bo’s factions
will no longer accept their defeat. They try vigorously to rehabilitate Bo
and to win powerful positions in the Politburo at the 18th party Congress as
much as possible:カネと権力でドロドロになったオトコでも、失脚の汚名に消し去るのを許さないばかりか復権の動きすらあるというから一体ドウ
ナッテいるのか。次期指導体制を決める年内に開催予定の18回共産党大会日程すら危うい状況らしい。反日デモのお祭り騒ぎに紛れた雲隠れに、一党独裁体制
内に潜む亀裂の闇が重なる。照れ隠しにデモを煽る・・・


| | コメント (0) | トラックバック (0)

今こそ日本の統治機構を変えるべき時です。

現在自民党の総裁選、民主党の代表選が行われています。毎年毎年総理は交代していきます。その総理を選ぶ権利は国会議員といささかの党員サポーターにしか権利はありません。日本は議院内閣制ある故に装置を選ぶのに国民を代表する国会議員により間接的に選ばれるのであり一般国民はウインドウショッピングをしているにすぎない。そもそも日本は地方では戦後のアメリカの影響のもと村長、町長、市長、東京の区長、各都道府県の都道府県知事は直接国民から選ばれる。しかし我が国の総理は間接選挙であり国民自らが選ぶことはない。最近特に毎年の如く間接選挙で総理大臣が選ばれるのは国民から見れば何ともやりきれず常に不満が残る。そのまた選ばれた総理は永田町の都合で毎年の如く代えられ世界での仕事はできず、ただ国会答弁に終始しているのは歯がゆいばかりです。日本はそろそろ総理と外務大臣は外交に専念すべきです。今のような内向きの政治では日本の世界での地位はますます落ち領土、貿易など常に不倫立場に正されます。いっそ戦後の国の統治機構を大きく変え大統領制を導入し、4年間は継続して政治を行い外交のひのき舞台で日本のあるべき姿を発揮すべき時ではないですか。今の日本の外交では世界の国々に全く信用されずうまく使われてしむことでしょう。今こそ日本の統治機構を変えるべきです。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

お隣の石橋家にお孫さん誕生。

お隣の石橋武光さんご夫妻に初めてのお孫さん、男のお孫さんが誕生しました。おめでとうございます。石橋武光さんは72歳です。お祝いに二人で一杯やりました。石橋さんはこれからも元気でお孫さんの成長を見守ってほしいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

松江の楽山焼 長岡空郷さんを訪ねました。

Img_3068

全国的な窯元である松江の楽山焼の長岡空卿さんを訪ねました。長岡さんは大学の後輩ということもありすごく親近感を持っています。長岡家の由緒あるお茶室『古今庵』で奥様のお手前で秋にふさわしいお茶碗で薄茶をいただきました。とても素晴らしいひと時でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夏の終わり

朝晩涼しくなりました。今朝は早くから畑に出てお世話になった夏野菜のかたつけと畑の草取りに精を出しました。涼しくなったといえ、動くと汗が吹き出します。今年はトマトの木にはとてもお世話になりました。感謝しながら一本づつ引き抜き畑の隅に置きました。スイカかぼちゃなどをその上に置きました。感謝です。なすびやピーマン、キュウリはまだまだ現役です。畑を整え、秋からの野菜つくりに取り組みたいと思います。自然の営みの偉大さには頭が下がります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »