« 松江総合ビジネスカレッジの卒業式 | トップページ | 三寒四温の今日この頃 »

吉田小学校民谷分校がなくなるのを聞いてさみしく思います。

隣村の吉田の民谷分校が廃校になるのを聞いてとてもさみしく感じています。日本の少子化はどこまで進むのでしょうか、恐ろしくなります。何とかして少子化を止めなけねば日本はなくなってしまいます。民谷のいろいろな人の顔が浮かびます。

|

« 松江総合ビジネスカレッジの卒業式 | トップページ | 三寒四温の今日この頃 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

待望の高速道がもうすぐ開通とのこと。三刀屋までが無料だから、利用する人が多いことでしょう。ただ、掛合と三刀屋間くらいでは距離もそんなに無いので所要時間はそんなに変わらないでしょうね。
それにつけても「空洞化現象」は必ず顕著に出てくるでしょうが、その時に今の商売等を営んでいる人たちがどのように対応されるのでしょうか。
正直なところ、国道を通行する車が、どんなに減っても商売を営んでいる人以外は関係ないこと。交通事故が減って喜ばしいことだとうそぶく人たちがいることも事実です。
しかしながら、現在の国道54号線界隈にあるスーパー、飲食店、ガソリンスタンド、道の駅等の客といえば、人口が少ない地元の住民だけだから大変でしょうね.。
道路が出来て便利なことはいいのですが、そのことにより商売が成り立たなくなる人たちが出てくることも事実です。かっては、掛合には旅館が二軒、銀行も二店舗、映画館(正確には芝居小屋)やパチンコ店までありましたが、国道がよくなってからは、ご承知のとおりです。
まだまだ、掛合は廃れるでしょうね。いっそのこと、トコトン寂れたほうが住民が何とかしようという気になるのかも知れないなどとさえ考えたりします。

投稿: 掛合の田舎っぺ | 2012年3月15日 (木) 20時28分

がれき処理で思います。どこの自治体も積極的に受け入れをしようとしません。島田市、米子市等が受け入れを表明したものの、全国の自治体は冷ややかであるとしか思えません。
かっての湾岸戦争時、「金は出すけど人(自衛隊)は出さない国」と日本が揶揄されたことを思い出します。「義援金は出すけど瓦礫受け入れはお断り」全国のあちこちで瓦礫の受け入れ拒否したら、被災地はいつまでも大量の瓦礫の山で、復興どころではありません。
被災者の立場になってとか、被災者のに思いを寄せとか安易言うものの、結局は自分さえよければ、自分たちさえよければとのエゴ剥き出しです。
瓦礫の中の放射能を心配をする人たちが多いことも理解出来ますが、これとてきちんと測定して搬出することも可能でしょう。
瓦礫の受け入れをしてくれる自治体が今後増えることを期待します。

投稿: 掛合の田舎っぺ | 2012年3月15日 (木) 20時49分

田舎の過疎化、瓦礫処理、反原発運動・・未解決の問題に対して誰かが若しくは行政が何とかするだろう、自分には大凡関係の無い話だ。と何気なく日々を過ごしてしまえばこの国は衰退する一方。とは分かっていても私自身も何かできている訳でもなく人に縋っています。そこで私の今の第一目標として福島の桜を雲南市に植樹し、そこから生まれる賛否両論をきっかけに原発の在り方を探っていきたいと思っています。単独飛行故危険を伴うかもしれませんが、未来の子供達の為に今できることをしていきたいです。

投稿: 掛合町三児の母 | 2012年3月15日 (木) 22時14分

掛谷三児の母様 いつ植えるのですか。教えてください。桜の季節になりました。頑張ってください。

投稿: カゲヤマ俊太郎 | 2012年3月19日 (月) 10時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/517932/54223454

この記事へのトラックバック一覧です: 吉田小学校民谷分校がなくなるのを聞いてさみしく思います。:

« 松江総合ビジネスカレッジの卒業式 | トップページ | 三寒四温の今日この頃 »