« 三寒四温の今日この頃 | トップページ | 今日は親父の命日です。 »

太平洋戦争と原発事故

太平洋戦争は日本の敗戦により終結した。戦争は苛烈さを増し南方の敗北から、沖縄戦、東京大空襲を始める本土へのアメリカ軍の攻撃、最後は広島長崎への原爆投下、そしてソ連による北方四島の略奪と日本は完膚なきまでにやられた。しかし軍の、国民への情報は大本営発表だけであり、全く当時の状況はしらされず、国民を欺きとおした戦争だった。マスコミは聖戦と戦争を美化しこれまた国民を欺きました。これは軍というう官僚組織の予算拡大、業務拡大、権限拡大、軍の中での出世競争など国民を見事欺きました。

翻って今回の福島原発事故を見ると政府、東京電力をはじめ経済産業省、保安院、原子力安全委員会。また原子力村といわれる人たちなどは本当の状況を国民に知らせていないのではないかと思う。放射能の本当の怖さなど全くと言っていいほど知らしていない。あれだけの事故を起こしながら総括もせぬうちから再稼働を叫ぶのはおかしい。、原発が稼動しないから電力料金値上げをしなくてはならぬと居丈高にほざく東京電力。お上意識そのままだ。昔の軍隊と同じ思考で大本営発表を信じろと言っているようだ。マスコミも本当のこと、被害の状況、放射能の怖さなどもっともっと報道すべきだ。マスコミは昔の聖戦聖戦と叫んで国民を欺いたようなことをしてはいけない。福島という良き日本の領土を日本自らが放棄しているようだ。

大阪市と府が原発問題に果敢に取り組み、脱原発と発送分離を主張するのは誠に頼もしい。島根も避難訓練も大事かもしれないがその前に福島のようにならないためにも脱原発と発送分離を主張してほしい。約40年たつ一号炉を60年使えなどというのは福島の事態を押し付けるようだ。とんでもないことだ。県と松江市からあまりにも近すぎる。あまりにリスクが大きすぎる。それこそ想定外のことが起こればふるさとは終わってしまう。北朝鮮がまたミサイル実験をするようだが、テロだって起こるやもしれぬ。

|

« 三寒四温の今日この頃 | トップページ | 今日は親父の命日です。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ソ連に奪われたのは北方四島だけでなく、千島列島全島と南樺太と満洲国もですよ。
満洲国は解体され、南樺太と千島列島は今もロシアによる不法占拠が続いています。
日本はモスクワは攻撃できる大陸間弾道ミサイルと原子爆弾を保有し、
ロシアに揺さぶりをかけるべきだし、
ロシアに経済制裁をしてロシアの力を弱めるべきです。

日本の国政政党はどこもロシアに対して甘すぎる。

投稿: がんばろう日本 | 2012年3月28日 (水) 18時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/517932/54256785

この記事へのトラックバック一覧です: 太平洋戦争と原発事故:

« 三寒四温の今日この頃 | トップページ | 今日は親父の命日です。 »