« ブログをかかない時でも開いてくださる皆さんに感謝いたします。 | トップページ | 親戚の法事 松江の友人が掛合をおとずれ楽しい歓談 »

私のささやかな茶事

最近、私は毎日自分でお茶をたてていただきます。茶碗という小さな世界のなかに抹茶とお湯とがうまく私の茶せんさばきで、やわらかく、きめこまかく統合され、絹のごとく、やわ肌のごとくたった時は一人でやったと快やを叫びます。四海波静かであります。一椀から宇宙であります。今日も一期一会を楽しみたいものです。今日は大田市の親戚の法事です。親戚縁者がたくさん集まり、亡き人をしのびながらお互いの一期一会に満足し、語り合うのは誠の法要かと思います。混迷する現代社会にあって、私もあと何年生きるかわからない。しかし毎日おあいする人たちから何かを学び、しかも生きる糧にしたいものです。今日一日が楽しみです。法事でいただく酒もまた楽しからずやです。合掌

名古屋の河村市長は順風なる毎日でしたが、姉妹都市の南京市から遠来の友が訪ねてきたのに日ごろの慢心がつい飛び出て、南京大虐殺について自分の考えを押し付けたのは世界は自分の思いとうりになる気持ちの延長線だったことでしょう。日本人のおもてなしの心を忘れてしまったのではと思います。遠来のお客にはまずは草鞋を脱いでくつろいでいただき茶でも一杯差し上げ、日本の良き間の文化を味わっていただくことが一番でしたでしょうに。一期一会を大切にし心を温め、次第次第に自分の世界に引き込んでからいろいろ話し合ってもよかったでしょう。とかく権力者は急ぎすぎるし、自分が世界だと思い込むようになります。最後は自分が悪うございましたと謝らなくてはならなくなり、損をこうむることになります。名古屋はお茶どころと聞いていますが、少し茶の湯でもなさったほうがよろしいのでは。

|

« ブログをかかない時でも開いてくださる皆さんに感謝いたします。 | トップページ | 親戚の法事 松江の友人が掛合をおとずれ楽しい歓談 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

今朝も新聞を見て、怒り心頭です。巨大津波の危険を指摘する地震調査委員会に対して、電力会社が表現を変えるように「おねだり」をして、修正をさせていた由。電力会社もさることながら、安易に「なれあい」をした政府の責任も大です。
その会合が、何と震災の8日前のことだったとか。
本当に不信感が募るばかりの国民です。最近はもう少々のことにも腹も立つことも無く、またかとの諦めの気持ちです。

投稿: 掛合の田舎っぺ | 2012年2月26日 (日) 19時26分

掛合の田舎っぺさま 貴兄のように感度の良い人ばかりならよいのですが、大半流されていくのでしょうね。

投稿: カゲヤマ俊太郎 | 2012年2月27日 (月) 17時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/517932/54069344

この記事へのトラックバック一覧です: 私のささやかな茶事:

« ブログをかかない時でも開いてくださる皆さんに感謝いたします。 | トップページ | 親戚の法事 松江の友人が掛合をおとずれ楽しい歓談 »