« 今年も早いもので3が日も過ぎました | トップページ | 出初式 消防団の皆さんありがとうございます。 »

中林設計の年賀会が盛大に開催されました。

今年もまた出雲の中林設計の盛大な年賀会が開催されました。中林社長の年頭のあいさつは毎年力づよく、誰も今年も頑張ろうというう気持ちになります。県内はもとより県外からもたくさんの仕事を受注、会場に集まっている180人ぐらいの方たちから今年も大丈夫だなという安どの声が聞かれます。私も新年の抱負と最近考えている島根の将来像についてお話しさせていただきました。宴会になってからたくさんの人から声をかけられ、久しぶりに時間の流れを埋めることができました。地域の為に情熱を持って頑張りましょう。出雲、伯耆、隠岐は昔は日本の玄関であるといいわれていました。今、ロシア、朝鮮半島、中国、、台湾、ベトナムをはじめ多くの東南アジア諸国と連携を結ぶ国際社会の中でこの地域には空港も3つあり、重点港湾の堺港もあり、いずれ道州制が導入された暁には広島や岡山ではなく日本の表玄関になるべき施策を考え、実行に移すことが必要かと思います。この地域にははどこの国にも負けない技術があります。農業の技術も素晴らしいものがあります。国際社会で役立てることもできるのです。

表玄関となるべきこの地域に危険な原発があるのは企業の進出、人の出入り、居住などあらゆる面に障害になります。40年といわずなるべく早く脱原発地域しなくてはいけません。安心安全が地域発展に一番大切です。

|

« 今年も早いもので3が日も過ぎました | トップページ | 出初式 消防団の皆さんありがとうございます。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

新年を迎えいろいろな期待や抱負がありますが、その中のひとつはやはり「脱原発」ということです。「地震の巣の上にあるような我が国」に54基の原発施設があるなどということは、まさに危険極まりないことです。安全神話がいとも簡単に崩壊された今、直ちに代替エネルギーに切り替えなければ「日本沈没」です。
太陽光発電が一番よいでしょうね。ソーラーパネルが高いという人もいますが、原発の事故処理や補償等に費やす巨額の資金のことを思えば安いものです。
国が強力に推進すれば、早いうちに切り替え可能でしょう。
ソーラーパネルの設置対策もいろいろあります。
そして、なんといっても「安全」です。
今年は日本中に「脱原発運動」のうねりがもっともっと展開され、世論が大きく変わることを期待しています。

投稿: 掛合の田舎っぺ | 2012年1月 7日 (土) 10時13分

昨日は恒例の消防団の出初め式が挙行され、その後「祝賀会」が開催されました。今年は私もお招きを受け出席しましたが、貴方のお顔が見えず残念でした。
消防団活動も少子高齢化問題をまともに受け、団員も昔と比べ激減している中で団員の皆さんが「崇高な精神」でもって、地域のためにご尽力されていることに私たちはあらためて敬意と感謝を表します。

投稿: 掛合の田舎っぺ | 2012年1月 9日 (月) 12時17分

昨年の震災より早10ヶ月、年を越しても今の日本に確固たる脱原発方針もなく心から明けてめでたいとは思えませんでした。世の中がそう簡単に変わるものだとは思っていませんが、震災以後自分に出来ることを探し、犠牲者の数ほど鶴を折り続けようと決めました。その折り手も増え続け今や2万羽。被災した多くの団員の数も含まれていると思うと本当に心が締め付けられます。3月に被災地に贈呈をさせて頂くことになりましたが、その前に…日本が地震大国であること。その上に核施設があること。それを承知だと言われる島根県知事をはじめ議員の方々に見ていただきたいと思う今日この頃です

投稿: 掛合町三児の母 | 2012年1月10日 (火) 00時19分

掛合の町三児の母様 本当に頭が下がります。頑張っていただきたいと思います。原発は地震国日本においては必要ありません。脱原発のエネルギー政策に転換して欲しいものです。広島、長崎の原爆を経験し、また今度、福島の事故にあいました。放射能被害が地球上の生命を脅かしていることを認識する必要があるでしょう。政治の力が必要ですが、なかなか進まないのには腹が立ちます。島根の原発はすべて廃炉にすべきです。全部廃炉にしても中国電力の電力量は余っています。

投稿: 景山俊太郎 | 2012年1月10日 (火) 07時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/517932/53669983

この記事へのトラックバック一覧です: 中林設計の年賀会が盛大に開催されました。:

« 今年も早いもので3が日も過ぎました | トップページ | 出初式 消防団の皆さんありがとうございます。 »