« 台湾の軍事パレード | トップページ | 元衆議院議長綿貫民輔先生と久しぶりにお話ししました。 »

世界の小澤征爾さん世界文化賞で原発について語る

世界の優れた芸術家を顕彰する「第23回高松宮殿下記念世界文化賞」(主催・日本美術協会)の受賞者が18日、東京・虎ノ門のホテルオークラで会見した。音楽部門で日本人初受賞の指揮者、小澤征爾氏(76)は「音楽仲間と一緒にもらった気持ち」と喜びの弁。食道がんや腰のヘルニアを克服し、「今は水泳やテニスもできる」と意気軒高だ。授賞式は19日、東京・元赤坂の明治記念館で行われる。

 「世界のオザワ」に活気が戻った。単独会見では身ぶり手ぶりをまじえて約1時間。椅子に座ったままだが、顔には精気が戻りエネルギッシュに話し続けた。

 「僕は指揮者なので、自分では音を出せない。今回の受賞はサイトウ・キネン・オーケストラの仲間たちや指導している学生たちと一緒にもらったものと思っています」と感謝の意を表明。冒頭では東京電力福島第1原発事故にも触れ「日本人には知恵と努力と行動力がある。世界に先駆けて原発に替わるものを見つけ出すと信じている」と語った。

|

« 台湾の軍事パレード | トップページ | 元衆議院議長綿貫民輔先生と久しぶりにお話ししました。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/517932/53029071

この記事へのトラックバック一覧です: 世界の小澤征爾さん世界文化賞で原発について語る:

« 台湾の軍事パレード | トップページ | 元衆議院議長綿貫民輔先生と久しぶりにお話ししました。 »