« 間引き菜の野菜ジュースはいかがですか。とても新鮮です。 | トップページ | 最近読んでる本 »

秋も次第に深まっています

Img_2640

今年は柿のなり年、我が家に何年前からあるかわかりませんが古い柿の木がi一本あります。根元に近い柿の実をバケツ一杯取りました。今日も雨あがりに少し高い場所の柿の実を採りに行こうと思います。少しづつの山は紅葉してきました。

Tatutagawa

「ちはやふる神代もきかず竜田川からくれないに水くくるとは」。

|

« 間引き菜の野菜ジュースはいかがですか。とても新鮮です。 | トップページ | 最近読んでる本 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

報道によれば、世界の人口が70億人を突破した由。真っ先に思ったことは、バースコントロールの必要性でしょうか。増えれば人類はハッピーかと言えば必ずしもそうではない、いやむしろ増えれば増えるほど、当然のことながら食糧不足等の深刻な問題が生じることでしょう。少子高齢化は日本のみならず世界各国での難題のようですね。著しく若い労働力不足のもとで、働かない(働けない)年寄りばかりが多くいると、世界の経済は一体どうなるのでしょうか?消費に対し生産が全く追いつかなくなるという「異常な世界経済」の先に待ち構えているものは・・・・。
私の取り越し苦労ならばよいのですが・・・・。
機会があれば、貴方のご意見をブログでお聞かせ頂きたいものです。

投稿: 掛合の田舎っぺ | 2011年10月27日 (木) 20時07分

掛合の田舎っぺ様 今日の新聞を見ますと島根の人工も大変なことになっています。島根の年少人口(0~14歳)は1920ん年の調査開始以来初めて10万人を割り、9万2218人になたようです。一方65歳以上の人口は20万7398人で前回調査の2005年と比較すると6295人の増加だそうです。これは将来の労働人口や消費人口を考えると地域経済にとり危機を感じます。多分関東圏以外は同じ傾向だから日本は確実に危機を迎えることになると思います。いかにいやでも移民なども考えなくていけない時代になったと思います。今、毛受敏浩氏の「人口減少」という本を読みながら考えています。

投稿: 景山俊太郎 | 2011年10月28日 (金) 12時52分

今朝の新聞を読んで、昨日あまりにもタイムリーなお話をしたのかな等と思いました。少子高齢化社会にあって、将来の労働力や消費を支える若い世代の著しい減少は地域の経済にとって大変な危機だと思います。

投稿: 掛合の田舎っぺ | 2011年10月28日 (金) 13時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/517932/53080336

この記事へのトラックバック一覧です: 秋も次第に深まっています:

« 間引き菜の野菜ジュースはいかがですか。とても新鮮です。 | トップページ | 最近読んでる本 »