« 日本全国で小水力発電の促進。 | トップページ | 戦後66年 終戦記念日 »

私の地元のJA雲南の肥育センターにもセシウムの被害が及びました。

私の地元のJA雲南にも福島原発の事故によるセシウムの被害が及びました。牛のえさとして購入した稲藁被害です。東京電力の罪の深さは計り知れないものがあります。数ヵ所の肥育センターが被害を受けています。その一つ飯南町頓原の肥育センターを見に行きました。昔、この肥育センター創設にあたり少しお手伝いをしたことがあるので心配でした。現在170頭の和牛が肥育されていますが、すべて検査が必要だそうです。全く持って想定外の出来事です。生産者、消費者すべてに大きな被害をもたらしました。東京電力は現地に謝りに来たのでしょうか。これからでき秋になりますがいろいろな作物に影響がなければと心配しています。何といっても東京電力のしでかしたことは許されません。

|

« 日本全国で小水力発電の促進。 | トップページ | 戦後66年 終戦記念日 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

東京電力に限らず、原子力発電所からは、常に少量の放射能が拡散しているそうです。
原発から7kmしか離れていない県庁所在地は島根だけです。
貧しいと言っても、原発の誘致費をもらわねばならないほどではなかったはず。当時の誘致者の責任は大きいです。
国の原子力発電費用の4割が地元対策費だそうです。それは私たちの税金から賄われているわけです。美しい村をやがて無人の村にしてしまうような危ないエネルギー誘致のために、私たちのお金が使われていたとは、愕然としてしまいますね。

投稿: yumiyane | 2011年8月15日 (月) 10時27分

yumiyane様 21日には仁多郡奥出雲のほうに自然エネルギー発電の成功しているところに視察に行きます。五木寛之さんによるとこれからは放射能時代になり、日本はこれまでとは違って天気予報などといった予報番組に今日の放射能予報が入るそうです。全く悲劇が始まります。経団連の米倉会長などテレビで見ると原発がなけねば日本の経済はつぶれるとけったいなコメントを出していますが、放射能の影響で、日本がおかしくなることに気がついていないようです。あほな経済人のおかげで日本は崩壊しるのを心配しています。

投稿: 景山俊太郎 | 2011年8月16日 (火) 21時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/517932/52468093

この記事へのトラックバック一覧です: 私の地元のJA雲南の肥育センターにもセシウムの被害が及びました。:

« 日本全国で小水力発電の促進。 | トップページ | 戦後66年 終戦記念日 »