« なでしこジャパン世界制覇 日本人に勇気をあたえました。 | トップページ | 島根県太鼓フェステバルを開催します。 お知らせ »

成都でパンダに会いました

Img_2225 Img_2227

中国といえばパンダですが、成都のパンダ繁育研究基地を見物に行きました。レッサーパンダまでいました。行列の山でした。

中国は訪問するたびに大きく変貌しています。四川省成都は1100万の人口で中国第4の都市です。昔の蜀の国です。四川省は日本の1,5倍の面積で人口は1億以上あります。街はどこからあふれるかわからないほど人の渦です。少し前までは中国といえば自転車の洪水でしたが、今は自動車で一杯です。それも古い車ではなく新しい車であり、諸外国の有名ブランドの車だらけといってもいいと思います。もちろん日本のトヨタ、日産、ホンダ、マツダも走っています。天に届けと言わんばかりに高層ビルが立ち並んでいます。人々の服装も日本の都市と全く変わらない様相です。高速道は広くてどこまでも続いています。新幹線はすごいスピードで工事が行われ、タイのバンコクまで乗り入れるそうです。成都の飛行場は新しく建設が進んでおり、中国内陸部のハブ空港へと変貌しています。その大きさは驚愕の極みです。中国に対する最近のいろいろな評価はありますが、言えることは中国はアメリカと並びと世界を二分する大勢力となるでしょう。中国で1番の問題は砂漠化をどうやって封じ込めるかとか一人っ子政策のこれからをどうするかなどでしょう。もちろん巨大な国ですから国のガバナビリテーをどうするかは苦労があることでしょう。13億の人口の国の動向は、(特に漢民族の動向は)あらゆる面において注目しなくてはならないでしょう。

|

« なでしこジャパン世界制覇 日本人に勇気をあたえました。 | トップページ | 島根県太鼓フェステバルを開催します。 お知らせ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

先日、17日に第3回雲南市近畿ふるさと会総会が行われました。総合計306名の参加者でした。掛合町からは、小川造平、小川忍、板垣千代司、永瀬聡さんが、見えてました。こちら掛合町からは、24名の参加でした。藤原遥さんの弟の斎藤悟(会長)、小滝進、藤原誠吉、その他21名でした。どじょうすくいとか神楽を、楽しませて頂きました。パンフレットも沢山頂き、掛合太鼓の保存会の会長を、されてるんですね。。。。皆さんと、まめなかいね?から始まり、又、あわーやね!で午後3時にお別れしました。貴方のプログを、楽しみに拝見してまーす。

投稿: K.S | 2011年7月19日 (火) 08時39分

K.Sさま 御盛会を祝します。掛合太鼓はを創設したのは島根国体で郷土芸能を披露することと、郷土の振興を図ることなどを合わせて昭和54年ごろから始めました。最初は太鼓もなく段ボール箱を叩いて練習しました。今では掛合太鼓は島根はもとより全国でも認められる太鼓集団に成長しました。今後もよろしくお願いします。

投稿: 景山俊太郎 | 2011年7月19日 (火) 12時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/517932/52239528

この記事へのトラックバック一覧です: 成都でパンダに会いました:

« なでしこジャパン世界制覇 日本人に勇気をあたえました。 | トップページ | 島根県太鼓フェステバルを開催します。 お知らせ »