« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

2011年7月

九寨溝をおとずれました。

Img_2257 Img_2264 Img_2271 Img_2282 Img_2274 Img_2285 Img_2287 Img_2296 Img_2293

九寨溝をおとずれました。九寨溝は、成都の北450km、四川省最北部に位置するアバチベット族チャン族自治州の北東部にある景勝地。九寨溝は周囲を標高2000~4500mの山に囲まれており、住民以外は立ち入ることはまれな地域でありました。1992年黄龍と同時にユネスコの世界遺産に登録され、世界に知られるようになりました。21世紀にはいると、ホテルや空港といった観光インフラの整備がスさまじいスピードで進められ中国南西部における最高の観光地となりました。九寨溝の魅力は乃彌納山から延びる渓谷沿いに広がる神秘的な自然景観、とくに湖水の青、木々の緑などスケールの大きな大自然が広がり毎日1万人以上の人たちが長蛇の列をなして観光に訪れます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

山常楼 安来市 すごい老舗に出会いました。

Yamatunerou_2

今日は楽しい日でした。島根県安来市は古い港町です。北前船、安来節、足立美術館、安来節会館、日立の鋼など昔からにぎわいのある町です。安来の友人たちに誘われて安来に赴き、山常楼という老舗の料理屋で懇談会がありました。山常楼は素晴らしい格式のある店でした。料理も東京、京都の料理屋にも一歩も引けをたらないべリイファインです。おかみさんもとても美人でおもてなしの心を持った方でした。こういう店がもっともっと発掘されて、皆さんが島根の伝統文化に触れるとよいと思います。値段も手ごろと思います。安来の発展を祈っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

台風が去ってもすかっとした天気になりません

台風が去ってもすかっとした天気になりません。今の日本のようです。福島原発の農業被害がとうとう島根にまで及んできました。畜産だけでなく他の農産品にも出なければいいですが、とても心配しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

島根県太鼓フェステバルを開催します。 お知らせ

11月22日久しぶりに島根県太鼓フェステバルを開催することになりました。昭和58年島根県太鼓連盟を結成しました。県内で活動する太鼓連はこれまで10回にわたり太鼓の競演をし、お互い技術を磨き、地域おこしの役に立つべくフェステバルるを開催しました。その後、町村合併とか景気の低迷などのためフェステバルはしばらく開催することができませんでした。しかし久しぶりに県内の太鼓連が集って出雲の市民会館で開催することになりましたのでその節は大勢お出かけください。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

成都でパンダに会いました

Img_2225 Img_2227

中国といえばパンダですが、成都のパンダ繁育研究基地を見物に行きました。レッサーパンダまでいました。行列の山でした。

中国は訪問するたびに大きく変貌しています。四川省成都は1100万の人口で中国第4の都市です。昔の蜀の国です。四川省は日本の1,5倍の面積で人口は1億以上あります。街はどこからあふれるかわからないほど人の渦です。少し前までは中国といえば自転車の洪水でしたが、今は自動車で一杯です。それも古い車ではなく新しい車であり、諸外国の有名ブランドの車だらけといってもいいと思います。もちろん日本のトヨタ、日産、ホンダ、マツダも走っています。天に届けと言わんばかりに高層ビルが立ち並んでいます。人々の服装も日本の都市と全く変わらない様相です。高速道は広くてどこまでも続いています。新幹線はすごいスピードで工事が行われ、タイのバンコクまで乗り入れるそうです。成都の飛行場は新しく建設が進んでおり、中国内陸部のハブ空港へと変貌しています。その大きさは驚愕の極みです。中国に対する最近のいろいろな評価はありますが、言えることは中国はアメリカと並びと世界を二分する大勢力となるでしょう。中国で1番の問題は砂漠化をどうやって封じ込めるかとか一人っ子政策のこれからをどうするかなどでしょう。もちろん巨大な国ですから国のガバナビリテーをどうするかは苦労があることでしょう。13億の人口の国の動向は、(特に漢民族の動向は)あらゆる面において注目しなくてはならないでしょう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

なでしこジャパン世界制覇 日本人に勇気をあたえました。

今朝は日本中寝不足の人が多いことでしょう。なでしこジャパンが強豪アメリカに勝利し世界制覇を成し遂げました。今の日本には何よりのニュースと思います。日本は必ず立ち上がるというメッセイジを世界に送りました。よかったと思います。それに比べると今の菅内閣の信頼のなさはどうしようもありません。早くけじめをつけて、歯切れのよい政治に戻してほしいものです。内閣は30%の支持率を失ったら必ず斃れるのです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

友遠方より来るまた楽しからずや。

大学時代同じクラスの友人、その後も竹馬の友としての付き合いを続けてきた中村ご夫妻が松江をおとずれました。中村君は日本テレビに入社しましたが、若い時一念発起して鹿児島の読売テレビの創設に携わり常務を務めました。6月24日にめでたく会社を退社し、さっそく奥さんと一緒に自動車で一ヶ月間北海道旅行の計画を立てました。鹿児島を出発してから4日目に松江に到着しました。夜、松江の私の知り合いの料理屋で歓迎の一席を持ち,肝胆相照らし盛り上がりました。多分二人でお酒を青春時代に戻った気持ちで大いに飲みました。中村君は秋になったら若い時からの念願であった、ロシアのウラジオストックを皮切りに、シベリア鉄道からヨーロッパの国々を2カ月かけて夫婦で旅行するそうです。どのくらいの荷物を持っていくのかと思うと心配です。鉄道もよいけれど飛行機も利用して無理をせずに旅行をしたほうがよいのではと感想を述べました。料理屋の女将もサービスをしてくれて得意ののどを聴かせてくれました。中村君はいつ来ても松江はいいねと言ってくれました。明日も松江を一日歩いて次は城崎温泉まで行くそうです。中村君のこれからの人生の安寧を祈っています。それにしても友達はいいものです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

中国四川省 成都 悲しきテレビ報道

友人たちと中国の成都に行きました。夜、NHKの国際放送を見ていましたら、九州電力が会社挙げて玄海原発再稼働の為に偽メール事件を起こしたことが報道されていました。外国でこうしたことをテレビで知るのは国内で知るより、より悲しく感じました。福島原発が収まらないのにまたもやこうしたモラルに欠けたことが世界中の人がしることになるのは何とも情けないことです。九州電力は会社を守るのであって国民を守るのではないといわれてもしようがないのではないですか。日本は戦後国民挙げて素晴らしい国になったと思いますのに、公的な仕事を担う電力会社がと思うと情けなくなります。今回の原発問題は時代を大きく変え、エネルギー問題だけではなく日本人の生き方も変えていくことと思います。外国からも敬意を払って見られる日本になってほしいものです。そのためには頑張らなくてはと思います。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

農業談議に花が咲きました

今日夕方から、友人の市議会議員の吉井さん、山楽園の事務長朝山さん、農協の理事の長崎さんと私と四人で久しぶりに一杯会をやりました。震災の話、0原発の話、地元の掛合のもろもろの話など放談会です。私以外はみんな農業の専門家です。コメを作って売っています。長崎さんは農協の理事もしていますのでとても詳しく、農業でも特に奥さんの協力を得て販売にも力を注いでいます。私は家庭菜園ですが今年は豆類は駄目だたのでどうすればよいか教授を願いました。今年の秋にはいい種を世話してもらうことにしました。それにも増して心配なのは牛の産地として有名だったこの雲南地域が経済的社会的地盤沈下していることです。農協は大赤字なので職員の給料を引き下げるというような話があるそうです。困ったものです。た。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

今年も梅の実が満載です

Img_2218 Img_2219

我が家には、昔、掛合町の時代、梅の振興策がなされ、その残影として梅の木が10本ばかり残っています。毎年たくさんの梅を提供してくれます。今年も、どの木も一杯に実をつけました。この間から、知人、友人が収穫においでになったり、私も梅の実をたくさん撮り、我が家もたくさんの収穫でした。皆さん来て言われるのは全くの無農薬なので安心できるということでした。

Img_2220 Img_2221 Img_2222

トマトになすびにジャガイモです。無農薬です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

松江米子町 海乗院さんのお祭り

私は高校時代松江市米子町に下宿していました。先般米子町の石川四郎さんと松本光正さんの連名で海乗院さんのお祭りにおいでくださいという案内があり,行きました。久しぶりの米子町は昔と大分変わっていましたが、町並みは一本道で、まとまりの良さ、人情の厚いのは昔と同じでした。いろいろ話すうちに長くなり、お酒も入りましたが、会う人会う人皆懐かしい人ばかりでした。お寺の住職は雲南市三刀屋町鍋山の板垣さんという方でした。屋台がたくさん出ていて子供たちで賑わっていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

梅雨 ホタル 梅 ジャガイモ キュウリ なすび 蛙

昨日は,夜,会合があり、一晩泊りで、夕方上京しました。会がおわると同時に電話がありました。懐かしき井田徳義前島根県議でした。私が東京にいるとは知らずの電話でした。神楽坂の「黒潮」という元相撲取の経営している店からでしたので、タクシーを飛ばし、合流しました。井田さんの東海銀行時代に一緒にロンドンで働いていた内山さんという友人と一緒でした。黒潮さんは元佐渡が嶽部屋の力士でしたので、すぐに呼び出しの琴三さんと連絡をとりました。世の中狭いものです。

今日は帰りに浜松町のモノレール乗り場の近くで会社を経営している早稲田の雄弁会時代からの親友竹村さんと連絡をとり、昼飯を食べました。同じ雄弁会で親しかった公認会計士の柏原君が亡くなったこと知り、驚きました。哀悼の誠をささげたいと思います。

今日から7月となりましたが、まだ梅雨の最中です。田舎の私の身の回りにあるものをあげて見ますと、梅雨、ホタル、梅、ジャガイモ、キュウリ、なすび、トマト、蛙、畑の草取り,家の近くの塩ガ平温泉などです。田舎暮らしもいいものですが、なるべくいろいろなところに出ていろいろな人と話すのはきわめて刺激になりますし、心がけています。またブログを書くのも頭の刺激になります。

6月の終わりに自民党を飛び出した鳥取の浜田参議院議員のブログを拝見しましたが、とても面白く感じました。最近の議員心理をいろいろ想像しました。

明日は一日忙しいと思います。夜は高校時代に住んでいた松江の米子町のお寺の会合に招待されましたので楽しみにしています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »