« 今日から六月となりました。水無月 | トップページ | 福島の子供たちの放射能影響は大丈夫なのでしょうか。 »

島根大学関準教授と懇談しました

今年初めてですが、島根大学の関準教授と懇談しました。災害のこと、原発のことこれからの日本のことなど含蓄あるお話を聞き頭がすっきりしました。一緒にいた人たちもいろいろとお話しされ影響を受けたのではないですか。久しぶりの松江の夜でした。

|

« 今日から六月となりました。水無月 | トップページ | 福島の子供たちの放射能影響は大丈夫なのでしょうか。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

「とんだ茶番劇」
管内閣不信任案が否決された由。
まぁ、当然でしょうが・・・・。鳩山前総理が不信任案を賛成表明していたのに、ここにきて「得意の一転」で反対するよう動いたとのこと。ホントあの人は信念がないというか、コロコロと「心変わりがする名人」のようですね。
どうでもいいことなのですが、小沢さんは「一体、俺は何だったのか?」と怒っているかも?
総理の重責を無責任にも投げ捨てたものが、いまだに幅を利かせる政権与党も嘆かわしいことです。
あわよくば「内閣総辞職か、解散総選挙」などと騒いでいたマスコミも気が抜けた(?)のではないでしょうか。

投稿: 掛合の田舎っぺ | 2011年6月 2日 (木) 17時41分

掛合の田舎っぺ様 全くしらけ。

投稿: 景山俊太郎 | 2011年6月 2日 (木) 22時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/517932/51833294

この記事へのトラックバック一覧です: 島根大学関準教授と懇談しました:

« 今日から六月となりました。水無月 | トップページ | 福島の子供たちの放射能影響は大丈夫なのでしょうか。 »