« 協栄金属の第40期総会 掛合通信 | トップページ | 私が作ったお茶碗 »

一町の町長の判断で決めるなんておかしい。原発再開

九州の玄海原発の2号、炉3号炉の再開を地元の町長が容認するというのを聞いて違和感を覚えます。今、福島原発の事故の収束もなされない時に原発再開容認とは何事かと思います。原発について一町とか一県とかでとやかく言うことではなく、放射能は町村堺も県堺もなく広がっていきます。原発が立地しているからといってその町の町長の意見だけで再開するのはよくない。テレビで見た町長の原発視察の不遜な態度には反感を持ちます。福島原発の終わりの見えない収束作業に国の安全委員会は何を考えているのでしょう。もし再開するにしても福島原発を収束させ、きちんと総括がなされてからでしょう。今再会すること自体k国民の気持ちを逆なでし、不安の塊が大きくなります。

|

« 協栄金属の第40期総会 掛合通信 | トップページ | 私が作ったお茶碗 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

「原発に決別を」
これだけ多くの人の暮らしを、人生を滅茶苦茶にしてしまった原発事故。そして、今もなお収束のメドが見えないどころか、今後どのような事態になるのかも解らない現状です。
政治家や有識者はもとより,国民もいい加減に目が覚めないといけません。今度もう一度、日本の原発が地震や津波で事故ったら、もう日本は終わりです。地震国の日本にはその可能性が高確率であるのです。
だからこそ、日本中のあちこちで「脱原発運動」の気運が広がることを期待します。
代替エネルギーはズバリ「太陽光発電」でしょう。ソフトバンクの孫正義社長は震災に100億円の義援金をしたのですが、その彼が「メガソーラー」に目をつけ全国にソーラーパネルの製造工場を設ける由。
彼は「日本の救世主」になれるかも知れません。
国が助成金をつけ、多く売れれば今の価格の5分の1くらいで設置出来るでしょう。また、設置は必ずしも屋根の上でなくても、日当たりさえ良ければ、休耕田畑でもいいでしょう。そのためには「農地の転用許可に関する法」を少し改正しなければならないでしょうが。
とにかく、ひとたび事故が起きれば原発周辺の人たちのみならず「日本が沈没」することを思えば、多少の不便さも国民皆で我慢すればいいことです。今からでも遅くない「脱原発」を皆で大合唱したいものです。

投稿: 掛合の田舎っぺ | 2011年6月 9日 (木) 21時43分

掛合の田舎っぺ様
いつもありがとうございます。さえたコメントです。おっしゃる通りです。韓国に行った人が話していましたが、韓国は原発から再生可能エネルギーに国家として舵を切るそうです。日本は原発に頼りすぎたため、次のエネルギーの取り組みが世界で相当遅れているそうです。日本もそろそろ目を覚ますときでしょう。

投稿: 景山俊太郎 | 2011年6月 9日 (木) 22時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/517932/51892397

この記事へのトラックバック一覧です: 一町の町長の判断で決めるなんておかしい。原発再開:

« 協栄金属の第40期総会 掛合通信 | トップページ | 私が作ったお茶碗 »