« 陶芸教室 | トップページ | »

これから一ヵ月後。

これから一ヶ月後の日本はどうなっているのかとても不安です。原発の見通しは立たず、不安がよぎります。多分日本人ならだれもが心にあると思います。昨日も文芸春秋や世界など月刊誌や原発関連の本を買ってきて読んでいます。何か少しでも明るくなるような記事を探します。怖い話が多い。我々素人仲間でも事故がおっこった3月12日ごろ既にメルトダウンしているのではないかと話し合っていた事を昨日初めて東京電力は認めました。情報の発信が遅いのは営利企業のなせることなのでしょうか。多分東電は国民のことより自分の会社のことだけでしょう。静岡の浜岡原発を休止する決断は良い決断といわれるでしょう。神戸の震災の時、災害復旧はしましたが、復興は遅れたため、ずいぶん日本は後れをとりました。神戸港のハブ的使用は仁川等に奪われました。今回も多分諸外国は日本の弱いところを見つけて、自分の国の進展を図ることでしょう。これから一か月後少しでも出口の見える日本でありたい。次の一か月後も、その次の一か月後もそうでありたい。

不安がってばかりはいてはだめで明るく前を向いて歩きましょう。

|

« 陶芸教室 | トップページ | »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

原発は一民間企業に任せていてはダメだと思います。国が責任をもって運転、管理すべきでしょう。巨額の補償金がないために国に肩代わりして欲しいなどということは、予想してはいたものの情けない限りです。他企業ならとっくに倒産ものです。
これだけ多くの国民に多大なる迷惑と不安を与えても、国におんぶしてもらいながら、これからも金儲けをしたいのでしょうか・・・・?
東電よ、恥を知れ恥を。

投稿: 掛合の田舎っぺ | 2011年5月13日 (金) 20時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/517932/51655365

この記事へのトラックバック一覧です: これから一ヵ月後。:

« 陶芸教室 | トップページ | »