« 3月のJA全農の全国の和牛取引の結果  | トップページ | 被災地岩手県大槌町で町民になって取材する朝日新聞社のエース 東野真和さん »

選挙で選ばれた最高指導者しかできない判断。

今回の菅総理の静岡県の浜岡原発の停止要請、オバマ大統領のテロ指導者ウサマ・ビンラデイン殺害命令などは選挙で選ばれた最高指導者しかできない行為であり、国家国民の生命財産を守り、国の将来の青写真を示すためでなければなりません。すべての政治責任を負ってやる行動であります。それでこそ英断といわれることでしょう。しかし難しいことですが、筋が通っていて、秘密は守られ、相当に準備が必要でしょう。そうしないと英断ではなく独断になるからです。浜岡原発の停止要請はは日本にあっては確実に将来のエネルギー転換を図る第一歩になることでしょう。古くなった原発はいずれ廃棄され、新設はは困難になることでしょう。新しいエネルギーの開発が急がれます。オバマ大統領の行為も当然、世界の今後を大きく変えていくことが想像されます。もちろん評論家をはじめ批判する人があるのは当然であり、これまでの利権が壊される人が批判したりするのは仕方ないでしょう。二度と原爆の事故があってはならないし、テロという危険からの回避も必要です。ある面、こうした決断は歴史が評価する部類に入るでしょう。

|

« 3月のJA全農の全国の和牛取引の結果  | トップページ | 被災地岩手県大槌町で町民になって取材する朝日新聞社のエース 東野真和さん »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/517932/51611984

この記事へのトラックバック一覧です: 選挙で選ばれた最高指導者しかできない判断。:

« 3月のJA全農の全国の和牛取引の結果  | トップページ | 被災地岩手県大槌町で町民になって取材する朝日新聞社のエース 東野真和さん »