« 季節は確実に移っていきます。 | トップページ | 今日から清々しい五月 初風炉の点前の稽古 »

生命の再生産

先般キャンデイズの田中好子さんが若くして亡くなりました。田中さんの旦那さんは俳優夏目雅子さんのお兄さんです。夏目雅子さんは小説家伊集院静さんの奥様です。その伊集院静さんの一番新しい小説「いねむり先生」を読み始めました。とても面白そうです。

橋下大阪府知事が原発の建設をやめるべきと声明しました。山口県で一般の主婦たちが原発反対を叫び出しました。この発言、この行動は大きな波紋となって広がっていくことでしょう。今から65年前広島長崎に原子爆弾が投下されました。たくさんの人たちが命を落としました。また今日まで原爆症で苦しんでいる人がたくさんいます。放射能災害の怖さはとても想像のつくものではありません。日本は高度経済成長を遂げましたが、水俣病や四日市喘息などいろいろな公害に悩まされてきました。そして極め付きは安全神話の名のもとに人類が創造した科学的化け物、原子力発電です。今その化け物がのたうちまわっています。福島第一原発です。これまでスリーマイルやチェリノブイリ、柏崎刈谷原発など人類は生命の危険を体験してきましたが、このたびとどまるところのない原発事故に遭遇しました。福島を中心にして多くの人たちは放射能の怖さに将来の見通しも立たずただうずくまるだけです。世界はこの事態が早く収束するのをただ祈るだけです。収束するために作業している多く人たちに希望をつなぐだけです。人類はどこで間違ったのでしょうか。放射能廃棄物などを最終処分することもままならないままに原発を促進したのは人類の大きな過ちでした。このまま推移すれば地球上は放射能の廃棄物だらけになることでしょう。人類はゴミ箱を造らずに危険な化け物を造ったのです。人類は生命をつないでいかなくて行かねばなりません。親から子供、子供から孫へと生命の再生産をしていかなくてはなりません。私たちは生命のバトンタッチをしていかなくてはいけません。バトンは未来を託した希望溢れるきれいなバトンでなくてはなりません。私たちの世代で放射能という汚れきったバトンを次の世代に渡す事になってはなりません。今まさにその危機です。人類破滅のバトンになるかもしれません。人類だけではありません。地球上にある生けるとし生けるすべてが影響受けるのです。我々は地球上のあらゆる生命の何十年後にも責任を持たなくてはなりません。電気やエネルギーの必要性をだれも否定するものではありませんが、原発は考え直さなくてはならないでしょう。

山陰ではなんだか分かりませんがヨードやセシウムがあの日以来ずーと出ていることが心配です。

島根にはゼオライトが豊富にあるようです。

今日はとても寒い。これも地震の影響なのだろうか。

|

« 季節は確実に移っていきます。 | トップページ | 今日から清々しい五月 初風炉の点前の稽古 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

地球は放射能廃棄物だらけでいっぱいになります。
消えることなく、無くなることなくどんどん増え続けるのです。
全くCO2どころの話ではありません。かけがえのない地球が、これからも急ピッチで放射能廃棄物だらけで汚れ続けるのです。
地球で生かされている私たちですが、決っして私たちだけのものではありません。後に続く人類のためにも、もうこれ以上地球を汚染させてはなりません。
原発は決してクリーンエネルギーではありません。これを機に、人類は今一度原発について考え直さなくてはならないと思うのです。

投稿: 掛合の | 2011年4月30日 (土) 07時53分

景山大兄

お元気にご活躍のことと存じます。ある友人からこのブログを教えてもらい、メールしました。時代は大きく変わり始めました。孫さんの発言は大きな社会的影響を与えています。島根でも、景山さんのような立場の方がこのような発信を続けられることに大きな意味があると思います。

阪本清

投稿: 阪本清 | 2011年4月30日 (土) 11時02分

ご無沙汰しています。最近、パソコンの無い環境で生活しております。久しぶりにブログを拝見しました。早くインターネット環境を整えたいと思っています。
今後も先生の情報発信を楽しみにしています。
先生、一点勘違いがありますのでお知らせします。
「夏目雅子さんは小説家伊集院静さんの旦那さんです。」
→「小説家伊集院静さんは夏目雅子さんの旦那さんです。」です。

投稿: 旧頓原町出身の某 | 2011年4月30日 (土) 19時45分

旧頓原町出身の某様 ありがとうございます。

投稿: 景山俊太郎 | 2011年5月 1日 (日) 08時36分

坂本さま 孫正義さんのお話し田原さんの行動をインターネットで知ることができました。

投稿: 景山俊太郎 | 2011年5月 1日 (日) 13時30分

ご無沙汰してました。何気に新聞を見ていたら、沖縄の普天間基地移設問題で政府は滑走路2本、V字滑走路案に一本化する旨の内容が。自公政権時代の案に戻った形に。「県外・国外」と言っていたハズが… 正直、やっぱりなという感じがしました。今、東日本の大災害と原発問題で大変な被害があり対応が精一杯なのは当然ですが、沖縄の件についてもしっかり説明し経緯をお話して下さることでしょう。政治家の方の発言、言葉の重みを感じます。何でも組織に「戦略・戦略局」ってつけるのも、もう止めたほうが。ただでさえ形から入る傾向のある政権与党、戦略っていう言葉が都合良く使われ、重みを感じられません。


投稿: 温故知新 | 2011年5月 1日 (日) 17時30分

今回のブログには、いろいろな方からのコメントがありましたね。
日常での暮らしぶりもさることながら、やはり今回のように「かくあるべし」「かく思う」といった貴方の信念のようなものを感じ取れるブログは、読んでいても楽しい(?)し、投稿しようという気になるのではないでしょうか。
これからも、この種のブログに期待します。
電話をいただくのに、仕事中は出れなくて申し訳ありません。

投稿: 掛合の田舎っぺ | 2011年5月 2日 (月) 09時54分

掛合の田舎っぺ様 仕事ご苦労様です。毎日運動の為お宅の前を歩いています。連休ももうすぐ終わります。月日のたつのは早いものです。

投稿: 景山俊太郎 | 2011年5月 2日 (月) 13時14分

今回は反響がありますね。
島根原発のあり方も、松江市民としては気がかりです。

ちなみに寒いのは寒冷前線が本州を通過、局地的に激しい雨が降り、日本海側の方は寒気の影響により天気の回復が遅れていたようです。

被災地が心配されます。

投稿: 作州浪人H | 2011年5月 2日 (月) 13時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/517932/51520719

この記事へのトラックバック一覧です: 生命の再生産:

« 季節は確実に移っていきます。 | トップページ | 今日から清々しい五月 初風炉の点前の稽古 »