« 柏村武昭さんと。 | トップページ | 総額92・4兆円の本年度予算成立へ。早く災害復旧を。  »

貞観地震の再来 福島原発事故は想定外はいいわけ。

東京電力福島第一原発の深刻な事故原因となった大津波を伴う巨大地震について09年の経済産業省の審議会で、約1100年前に起きた地震の解析から再来の可能性を指摘されていたことが分かった。09年6月、原発の耐震指針の改定を受け、電力会社が実施した耐震性再評価の中間報告書を検討する審議会で岡村信行委員(産業技術総合研究所活断層・地震研究センター長)869年に宮城県沖で発生したマグニチュード8以上の『貞観地震』に触れ非常にでっかい地震が来ているのが分かっていると指摘しました。当初の報告案にはこの地震に触れていなかった。東京電力は『被害はそれほど見当たらない』と答えたが、岡村さんは、宮城県から福島県の広い範囲で浸水したという最新の研究から『納得できない』と追及した。その後の東電の報告書案は『貞観地震と同規模の揺れは想定ない』とし、現在の耐震構造で問題ないとの見方を示した。 岡村さんは、04年のスマトラ沖大地震のように、幅広い震源域がほぼ同時に破壊する『連動型地震』を想定した対応を求めたが、審議会の事務局は応じなかった。こういう現実を見ると今回の原発事故は人災であり、東電をはじめ審議会の態度は許されるものではない。人類への裏切りである。想定外という言い訳は人類への裏切りである。

|

« 柏村武昭さんと。 | トップページ | 総額92・4兆円の本年度予算成立へ。早く災害復旧を。  »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

毎日、毎日さながら「原子力や原子炉について」の講義(?)を受けているかのようです。
深刻な事態が回避されるどころか、ますます重大な事態に陥り一体これから先どうなるのだろうと大変憂慮します。泥沼化して、もう出口が見えないのではなどとさえ思いたくなるほどです。とにかく、とんでもない事態になったものです。東電や保安院の説明で腹立たしいのは、悪びれることもなく、何かしら他人事のような会見態度です。専門的な説明も勿論必要でしょうが、多くの国民は「それで結論は今の時点では安全なのかどうなのか?今後の見通しはどうなのか?」ということを知りたいのですが、それがはっきりと伝わってこないもどかしさがあります。
原子力は便利で快適な生活を私達にもたらしてくれますが、ひとたび事故が起きれば、人類を滅亡させてしまうほどの恐ろしいものであることを嫌というほど教えられます。

投稿: 掛合の田舎っぺ | 2011年3月27日 (日) 19時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/517932/51230279

この記事へのトラックバック一覧です: 貞観地震の再来 福島原発事故は想定外はいいわけ。:

« 柏村武昭さんと。 | トップページ | 総額92・4兆円の本年度予算成立へ。早く災害復旧を。  »