« 久しぶりに九州をおとずれました。柳川 白秋 | トップページ | 少し春らしくなてきました。 日本画の小豆澤禮画伯 »

一刀斎夢錄 浅田次郎著

坂本龍馬を暗殺したのは新撰組三番頭、一刀斎即ち斎藤一であることを興味深く書いています。この本は幕末から明治のある断面史です。面白いです。

|

« 久しぶりに九州をおとずれました。柳川 白秋 | トップページ | 少し春らしくなてきました。 日本画の小豆澤禮画伯 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

新たな書籍を御紹介頂きありがとうございます。楽しみです。最近、司馬遼太郎さんが子どものために書いた唯一の一冊と言われてる「21世紀に生きる君たちへ」という本を見つけ子供に買ってやりました。小学生でも読める内容です。子どもたちに語りかける魂がこもってるなぁ~と感じました。緒方洪庵さんの内容が書かれてます。果たして買ってやった子どもが読んでくれるか…

投稿: うるうる | 2011年2月20日 (日) 12時16分

うるうる様 去年大阪の司馬記念館をおとずれたとき、「21世紀に生きる君たちへ」を買い読みました。一冊の小説を書くのと同じぐらいのエネルギーを使ったそうです。司馬さんは21世紀を見ずに亡くなられましたがその思いは21世紀の子供たちに受け継がれることでしょう。

投稿: 景山俊太郎 | 2011年2月20日 (日) 18時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/517932/50908759

この記事へのトラックバック一覧です: 一刀斎夢錄 浅田次郎著:

« 久しぶりに九州をおとずれました。柳川 白秋 | トップページ | 少し春らしくなてきました。 日本画の小豆澤禮画伯 »