« 地酒の銘酒月山と寿司屋若竹 | トップページ | 菅総理はこのまま消えてしまうのか。 »

(株)田部のOB会の皆さんと山陰中央製作センターを訪問しました

Img_1141Img_1142

恒例の(株)田部のOB会の皆さんとの一日旅行に参加させていただきました。(株)田部は昭和21年に掛合の増砂に清泉工場として第一歩を踏み出しました。以来今日まで地域の中核的企業として発展しました。今日の参加されたOBの中には昭和22年入社の方もいらっしゃいました。山陰中央新報製作所センターを訪問し、新聞が作られていく過程を見学しました。初めて見るのですが、コンピューたー化された巨大な輪転機など驚くばかりです。新聞になる紙の一まきは長さ16キロメーター、重さ1.2トンあるそうです。湖陵あたりから玉造ぐらいまでの長さ です。2010年11月10日の山陰中央新報の20面に訪問者歓迎の写真を出していただきました。お昼には田部社長さんを交え昼食会が開催され、みんな楽しいひと時を送らせていただきました。感謝の一日でした。

|

« 地酒の銘酒月山と寿司屋若竹 | トップページ | 菅総理はこのまま消えてしまうのか。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

国会中継をみていて何とも腹立たしいのは、いわゆる「尖閣ビデオ」について公開する、しないの論戦や誰がこのビデオを流出させたのか等・・・・。
勿論、海保の保管責任もあるでしょうが、一番大事なことは、誰が見ても故意としか思えない衝突事故を受けて、さて我国は、中国はもとより諸外国に対してどう対応するべきかということだと思うのですがそれが全く置き去りにされていてのの論戦です。議員誰一人として、このことを指摘しないことにやり切れない気持ちです。
そして、国会はもっともっと論ずるべき他の問題が山積しているのに、いつまでも低次元(?)での論戦は税金の無駄使いであると言えば大袈裟でしょうか。

投稿: 掛合の田舎っぺ | 2010年11月10日 (水) 12時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/517932/49986312

この記事へのトラックバック一覧です: (株)田部のOB会の皆さんと山陰中央製作センターを訪問しました:

« 地酒の銘酒月山と寿司屋若竹 | トップページ | 菅総理はこのまま消えてしまうのか。 »