« 寒くなりましたが小さな花です。可憐に強く咲いています。 | トップページ | 今朝の食卓は初めてとれた白菜でした。 »

河井寛次郎展を鑑賞しました。 島根県立美術館

島根県立美術館で開催されている生誕120年記念河井寛次郎展を鑑賞しました。ご存じのように河井先生は島根の安来の生まれです。あまりにもたくさんの作品に接し、一つ一つ見て歩くのは大変ですが、作品の素晴らしさには感動しました。最近、茶碗つくりを少し経験して、これまでより深く鑑賞することができました。

|

« 寒くなりましたが小さな花です。可憐に強く咲いています。 | トップページ | 今朝の食卓は初めてとれた白菜でした。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

茶道では「わびの精神」とか「さびの精神」ということが言われますが、焼き物の世界は、どのようにいうのでしょうか。焼き物も、学べば学ぶほど奥行きの深いものであることは、十分理解できます。ここはひとつ、貴方のセンスの良さ(?)で、益々造詣を深めて頂きたいものです。将来は、個展でも開かれるような夢を抱かれながら・・・・。

投稿: 掛合の田舎っぺ | 2010年10月28日 (木) 09時28分

掛合の田舎っぺ様 いつもありがとうございます。

投稿: | 2010年10月28日 (木) 17時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/517932/49864820

この記事へのトラックバック一覧です: 河井寛次郎展を鑑賞しました。 島根県立美術館:

« 寒くなりましたが小さな花です。可憐に強く咲いています。 | トップページ | 今朝の食卓は初めてとれた白菜でした。 »