« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010年10月

竹村夫妻の出雲路

Img_1118 Img_1117 Img_1120 Img_1125 Img_1123

友人の竹村夫妻が出雲路の旅に朝一番の飛行機で訪れてくれました。早速、出雲大社、手錢美術館、足立美術館などを巡り、玉造温泉に宿をとりました。今日は一日お付き合いをさせていただきました。出雲大社の宮司様、権宮司様方にお世話になりました。竹村夫妻も初めての出雲路をめぐり、充実した楽しい一日であったと思います。明日はゲゲゲの境港、紅葉の大山をめぐります。我々の同級生で境港に住んでいる森田君が同行します。夜は松江で一杯やることにしています。友達は本当に人生の宝です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今朝の食卓は初めてとれた白菜でした。

今朝の食卓は初めてとれた白菜でした。ポン酢につけて食べました。自分で栽培した野菜はまた別の趣があります。急に寒くなり、雨が降っていますが、まだ我慢してストーブは出していません。明後日、大学時代の友人竹村夫妻がフルムーン旅行でわが故郷を訪れます。非常に楽しみにしています。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

河井寛次郎展を鑑賞しました。 島根県立美術館

島根県立美術館で開催されている生誕120年記念河井寛次郎展を鑑賞しました。ご存じのように河井先生は島根の安来の生まれです。あまりにもたくさんの作品に接し、一つ一つ見て歩くのは大変ですが、作品の素晴らしさには感動しました。最近、茶碗つくりを少し経験して、これまでより深く鑑賞することができました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

寒くなりましたが小さな花です。可憐に強く咲いています。

Img_1069 Img_1070 Img_1071

庭の片隅に可憐にそして力強く咲いています。今年も北海道では雪が降る映像がテレビから流れています。もう秋から冬へと季節も変わろうとしています。中国は今,関心のあるTPPに加入することを検討していると発表しました。 日本は貿易立国であるため世界の流れに乗り遅れてはなりません。しかし農業がどうなるかということも心配されています。しかし農業の強化をやりながら世界に目を向けないと結局,日本の将来はないと思います。日本の製品は技術力も質ともに世界に負けません。農産品も決して世界に負けない技術や質を持っているのです。さあー、日本はどうするか政治の判断責任がありますね。寒さの中でも力強く生きるこの花のごとく日本が世界の中で強く生きることができることを期待しています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

社会福祉法人山楽園山光園の恒例のここやし祭り 掛合通信

昨日は恒例のここやし祭りが雨の降るなかではありましたが、盛大に開催されました。たくさんのお店や出し物が一日中だされ、またたくさんの人でぎわいました。何といっても福祉は地域がささえてこそ成り立ちます。山楽園、山光園が成り立っているのは地域住民の皆様のおかげです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普天間交渉秘録 日本の安全

Img_1115

元防衛事務次官守屋武昌氏の「普天間交渉秘録」を読み終わりました。迫真のノンフィクションであり日本の戦後の防衛政策について一級の資料と思います。鳩山政権の大きな間違いが良くわかります。現在アジアのバランスオブパワーを考えただけでも、橋本政権以来14年たっても普天間問題を解決できない日本はこれでいいのかと考えさせられます。日本の安全保障について今一度考えるべきと思います。行間からは地域振興策と称して、利権に蠢く人たちがいるのを垣間見ることができる。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

呼び出し琴三 郷土に錦を飾る 掛合通信

Img_1111 Img_1089 Img_1099 Img_1104

大相撲呼び出し琴三さんが出身地の掛合の佐中の狭長神社の例大祭の相撲大会に幕下の琴弥山、琴鳳を伴って凱旋し、締め太鼓の披露、呼び出しを実際に披露してくれました。また子供たちが本当のお相撲さんに稽古をつけてもらいとても楽しそうでした。郷土へ錦を飾ってくれました。素晴らしい秋祭りでした。夜は三人を囲んでちゃんこ料理で盛り上がりました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

狭長神社の例大祭と秋の実り 掛合通信

Img_1085 Img_1087

19,20日は掛合狭長神社の例大祭です。19日は神楽が奉納されました。神社のの境内には柿が実っていました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ひどい 中国の船長は酔っぱらい運転だったそうです。

尖閣諸島で領海侵犯し、日本の海保の船に突っ込んできたのは、中国の漁船の船長が酔っぱらっていたそうです。ひどい話ではありませんか。検察もそうした状況をもっと早く世界に公表すべきでした。結局中国は世界に恥をかきました。そうした状況でも中国の鉄面皮な態度は世界のわらいものです。しかも中国のデモは就職もない中国の学生のフラストレーションのはけ口になっているのですかね。世界の大国になろうとすれば世界から親しまなければと思います。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

10月19,20日は掛合狭長神社の秋祭りが行われます。 掛合通信

掛合狭長神社の遷宮が行われました。そして盛大な秋祭りが行われます。20日はこのブログにもよく登場します掛合出身の呼び出し琴三さんが二人のおすもうさんといっしょに帰り花を添えてくれます。全国におられる掛合出身の皆さん掛合の秋を思い出してください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

秋の松江

Img_1074 Img_1080 Img_1083 Img_1081

昨日は土曜日でしたので少しのんびりしました。10人ほどの人たちと松江の秋を味わいました。昼から長い食事をし、おしゃべりを楽しみました。井田県議さんが新渡戸稲造の描かれた5000円札の秘密を話されましたが、だれも驚きました。彼は昔、銀行に勤め、外国に長くいましたので、5000円札と日本の経済の因果関係は図面の中で富士山が湖に反映されている姿がシナイ山になっていたり、菊の紋章が半分に割れていたりするのは日本の経済に不吉な予感の持たせ、今日の日本経済をを予言していたというお話しを丁寧に説明していただきました。誰もがさすがだと感じました。夕方から松江の水燈路を堀川遊覧船からみて楽しみました。遊覧船を見るたびに、亡くなった宮岡市長のアイデアを思い出します。

その後、松江の鼕行列の練習と思いますが、力強く鼕を打ち、巧みに笛を吹き華やかに踊る姿にに行き交う人、皆が胸がワクワクする感じでした。

松江は、私にとって学生時代を過ごした街であり、郷愁を誘います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

クリ拾いと熊、イノシシ 生物多様性の問題

今年も赤来の安部さんのクリ園へお伺いしようと連絡をとりました。しかし今年は夏の暑さで三分の一も実っていない。それに熊やイノシシが出て極めて危険なのでやめたほうが良いということでした。安部さんの家族の方も行っていないそうです。身近にこういう話を聞きますと、日本の里山にも生態系の崩れが見えとても将来が心配になります。今名古屋で生物多様性の問題が議論されていますが、本当に地球規模で環境を考えなくてはなりません。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

チリ落盤事故から33人全員生還おめでとうございます

33人がすべて救出されました。おめでとうございます。ずいぶんテレビを見させていただきました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

チリ落盤事故からの救出作業始まる

救出作業が始まり、テレビで見ていますが感動しました。全員の人が救出されることを祈っています。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

夢や希望あればこそ生きられる

明日チリの炭鉱の落盤事故で地下に閉じ込められている33人の人たちは救出される。長い間、いわば地獄のような状態の中で頑張りぬいた。なぜ頑張れたかといえば、必ず救出されるという希望を持ち続けることができ、救出されたのち多くの夢を描くことができたからです。もちろん支えた家族、国挙げての援助、世界からの激励と様々な要因があると思います。人間は一人では生きていけません。お互い支えあったことが生きる力を生み出した。そうした中で希望とか夢を持ち続けることができたから頑張れたと思います。幸運をお祈りします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

出西窯での修行 コスモスの秋

Img_1068

最近出西窯のやきもの教室に月に2度日曜日ですが、通っています。そう簡単にはいきません。でも日本の文化の一端に触れると思い取り組んでいます。何といっても河井寛次郎に触れるのです。コーヒ茶碗、ビールジョッキー、お茶碗と作っています。先生に手伝っていただかないと仕上げは無理です。昨日はあまり削りすぎて茶碗の底に穴があいてしまいました。失敗です。自分の茶碗でお茶を頂ければと。10年したら個展をやりたいなどと夢を見ています。もっと若い時からやればよかったと思います。

コスモスの秋になりました。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

雲南の名物 焼きサバ 掛合通信

Img_1065

昔から三刀屋・掛合を中心に見られるのは写真のような焼きサバです。懐かしく思う方もあるでしょう。サバはノールウェー産でないといけないそうです。おいしいですよ。

地域、地域においていろいろなおいしい食べ物があります。しかし少子高齢化の中で絶滅食になりつつあるものもあります。出雲、石見、隠岐とあり、長い島根にもいろいろな食があると思います。もちろん研究されていると思いますが、記録に残してほしいものです。この焼きサバもおいしいものの一つです。子供のころは食糧難の時代でもあり、サバの骨を最後は焼いて食べた記憶があります。カルシュームをとったのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

笑顔の掛合ふるさと祭り 掛合通信

Img_1053 Img_1058 Img_1061 Img_1057 Img_1064 Img_1060 Img_1051 Img_1062 Img_1052

恒例の掛合ふるさと祭りが晴天に恵まれ、盛大に開催されました。たくさんの団体商店がお店を出しにぎわいました。掛合太鼓、上多根神楽 ムカデ駅伝、まめなか市などたくさんの出し物、協賛事業が一日中行われました。いろいろな人にお会いし、旧交を温めました。このブログを見ていると言って声をかける人がたくさんいるのにはびっくりしました。皆さん笑顔で、お元気でした。

他県でこのブログを見ているみなさんsign01来年は掛合のふるさと祭りにお帰りください。年々再々つないでいきましょう。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

中置き 10月の季節便り

Photo

10月になるとお茶も夏から冬へと変わっていくちょうどその時だけ中置きというお手前になります。五行棚、大板、小板、長板と中置きのお手前です。水差しを持ち出し、勝手付けへ、斜めに置きます。茶器、茶碗を風炉の手前右寄りに置き、建水を持ち出し、道具畳の中央に座り、建水を左脇へ置きます。今日練習したのをちょっと書いてみました。失礼しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

有限なる地球 人類は共存しなくてはいけません。

すっかり秋らしくなってきました昨日今日は雨模様で肌寒くなりました。あの夏の暑さは遠い昔のようです。

最近は中国問題が世界中で取り上げられ、中国もアメリカと並ぶ世界の枢要国としての責任を果たし、世界の人たちから尊敬の念で見られるようにならなくてはなりませぬ。尖閣問題や南沙、西沙問題のように強引に他国の領土を略奪しようとしたり、人民元を市場経済から離れて自国の貿易に有利に展開したり、ノーベル平和賞の決定に見られるように外国テレビを切ったりする数々の行為は国家の品位を疑うものです。中国がいなければ世界が困るだろうという態度は必ず世界から受け入れられず、そのまんましっぺ返しが中国に帰っていくことでしょう。所詮、われわれ人類は有限なる地球にに共存しなければならない運命にあるのです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

RAILWAYSを観賞しました 一畑電車の運転士に49歳でなった男の物語

中井貴一主演の一畑電車の運転士に49歳でなった男の物語です。配役もよく感動を与える秀作でした。目頭が熱くなる場面もありました。いつも見ている風景ですがカメラに移され映画になると見違えるほどの出雲の風景でした。この映画を観た人は多分島根をおとずれていただけると思います。まだ見ていない人は御覧になればと思います。ただ私が見たとき館内に4人しかいませんでした。少しさみしい気がいたしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ノーベル賞受賞おめでとうございます。

最近いいことが少なかったのに、ノーベル化学賞に根岸・鈴木先生が授賞され非常によかったと思います。おめでとうございます。政治もすかっとしてもらいたいですね。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

手錢美術館

Top

今日は久しぶりに松江で島根の文化人といわれる人と会食しました。その中に手錢長光さんがいらっしゃいました。現在島根県森林組合中央会の会長さんで公安委員長です。手錢家は出雲の名家で美術館を経営しています。10月9日から秋の展示会が開催されます。観賞されることをお勧めします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

蕎麦打ち

出雲の友人夫妻が蕎麦を打って御馳走してくれるというので喜んで伺いました。蕎麦打ちもうまいもので、蕎麦もおいしく頂きました。そのまま夕方までだらだらしていましたが、夕方共通の友人を呼んで懇親会が始まりました。テレビでは小沢氏のニュース一色でした。永田町の論理もそろそろ限界かなと思いました。

少し畑の大根の手入れをしました。白菜も大分大きくなりました。

中国はギリシャの手助けに乗り出しましたが、どこまで世界を制しようとするんでしょうか、心配ですね。日本の企業も海外シェアを広げていくことでしょう。世界は強烈に変わっていくことでしょう。私のつぶやきでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

政治の風は年に3度吹く

政治に対する風は前から言いますように、正月すぎ、5月の連休明け、夏の盆が終わって秋にかけてと年に3度吹きます。今年も強烈な風が吹いています。検察は大阪の証拠改ざん問題、尖閣諸島に対する判断、今度は小沢氏に対する不起訴が検察審査会により否定され、強制起訴となりました。どれも政治に影響するでしょうが、小沢問題は永田町に強烈な風となりました。検察審査会の判断が9月14日の民主党代表選の日に決まっていたのには驚きました。

小沢氏が民主党の代表選に勝ち、総理になっていたらどういう風になっていたのでしょう。代表選に出たのは憲法75条(訴追を免れるため)を利用しようとしたと思われてもしようがないでしょう。世論の風は強烈です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第4回八雲国際演劇祭が開催されます

2010年・11.2~7まで松江市八雲町の5つの会場で開催されます。世界から集まり素晴らしい演劇祭です。主催者の園山土筆さんが苦労されています。応援お願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ハーバード白熱教室

Image

NHKのハーバード白熱教室のマイケル・サンデル教授の授業はとてもよかった。イチロウがオバマよりも教育者よりも給料が高いのはいいのか、正義なのかなどの議論はとても面白かった。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

シマネケンバンドフェス2010 渋谷代官山LOOP 10月1日 島根の日

Simanenoyosidakunn_2Img_1030_2 Img_1031_4 Img_1048 Img_1043 Img_1044_2

「島根っていいねキャンぺーン実行委員会」(柳樂雄司プロデューサー)の主催によるシマネケンバンドフェスが東京の渋谷区代官山LOOPで開催されることを掛合在住の白築純さんからお聞きし、急に思い立ち上京しました。10月1日は島根の日だそうですが、島根にゆかりのある音楽家、ダンサーが出席され、大変盛り上がりました。特に掛合在住の音楽家白築純さんの歌唱力は際立っていました。またHiar(大田出身)、しまねってEAGERS(しまねフェスタで唄うしまねバンド)、DancerJACKY(大田出身)の熱演がありました。そしてメインライブは出雲市出身のオペラ歌手、錦織健さんたちが、しまねを応援しようと結成された「しまね健バンド』でした。日本一流のテノール歌手が、ロック歌手に変身して、熱狂的な、迫力のあるライブはすばらしく、時に「ばんじまして」など出雲弁を交えて場内を沸かせました。しまね健バンドは同日発売の英国のハードロックバンド「クィーン」の名曲をカバーしたデビュウーCD「輝ける七つの歌」を演奏されました。またしまね健公認キャラクター「吉田くん」の生みの親の映像クリエーター小野亮さんとの軽妙なトークは島根を全国的に盛り上げました。それにしても掛合在住の白築純は郷土の誇りです。いつかニューヨークのカーネギーホールで演奏されることを期待しています。島根応援団の平田さんも、FROGMANも頑張っていました。

島根の発展に協力したいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »