« 北方4島は日本の領土です | トップページ | 原点『平家物語』を聴く会 古場英登さんからのお便り 2012年NHK大河ドラマ決定 »

斐川町の出西窯の研修館で茶碗つくりに汗をかきました

昨日は日曜日、友人に誘われ陶器つくりを出西窯で習い始めました。何といっても生まれて初めての事なので茶碗つくりから教えていただきました。全くど素人なのでうまくできません。手伝っていただきながら茶碗5個とビールを飲むカップを1個作りました。この次は素焼にするとこまで行くのかどうか分かりません。いつか完成したらお見せします。玉のような汗が出ました。先生もよさそうな人で、素晴らしい人間の広がりができるのお期待しています。

|

« 北方4島は日本の領土です | トップページ | 原点『平家物語』を聴く会 古場英登さんからのお便り 2012年NHK大河ドラマ決定 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

「徒然なるままに」                                           日中は暑いものの、朝夕は少しずつではありますが確実に秋の訪れを感じさせられる昨近です。早、ポツンポツンと稲刈りが始まっつたところもあります。農家の方が丹精込めて作られたお米、黄金色した稲を刈る時の気持ちはどんなでしょうね。一方では、黄金色の稲穂の周りには緑色した草ぼうぼうの田んぼ、いわゆる「休耕田」が散在します。休耕田といえば聞こえは良いのですが、ズバリ「耕作放棄地」なのです。10年くらい前からでしょうか、段々とこの「耕作放棄地」の占める割合いが高くなっていることをお気付きでしょうか?日本の農業の現状を目の当たりにする光景ともいえるでしょう。
私は米作りこそしていませんが、日本の産業のひとつでもある農業の現状を思うとき、「農業の将来」を憂慮するのです。
農業を営む友人や知人に言わせると、「米は作れば作るほど損する」と言うのです。その結果、米作りを放棄したり、仕方なく(止むなく)作っている人が沢山いることに驚かされるのです。農家の人が生き甲斐をもって米作りに取り組めたら、どんなにか素晴らしいことかと常々思います。
そのためには、次の二つの案を考えます。
ひとつめ・・・・ズバリ、米価を倍増にすること。
今、米が10キロで3000円前後、ブランド米でも5000円前後ですが、あまりにも安過ぎます。米を作らない人は反対するでしょうが、1か月に各家庭でお米をいくら食べましょうに、知れています。
一個120円のパンの値段で米が3合くらい買えるのです。他の出費(公共料金等)と比べても、とにかく安過ぎる。ことは、「食べること」で大切なことなのです。
都会で農業に関係なく暮らす人たちも、米に支えられての生活であるから理解(納得)すべきことでしょう。
ふたつめ・・・・ズバリ、外国からの米を輸入禁止すること。
外国との貿易、輸入や輸出は各国との相互扶助や相互の産業発展等の観点から、いろいろと難しい面もあるでしょうが、我が国の経済、産業が停滞或いは衰退しつつあるのに、それをさしおいてまで他国の経済等に配慮するべきでありましょうか?先ず自国が幸せになり、他国を支援すべきと思います。
随分と飛躍した、また独断と偏見に満ちた方策ですが、このふたつが講じられたら、農家の人が必ずや、息を吹き返して喜々として米作りに励むものと確信します。そのことが、ひいては田舎に活気をもたらすのではないでしょうか?
また、いつの日か貴方のご教示を乞い願うものです。

投稿: 掛合の田舎っぺ | 2010年9月 6日 (月) 10時18分

掛合の田舎っぺ様 いろいろご意見ありがとうございます。

投稿: 景山俊太郎 | 2010年9月 6日 (月) 16時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/517932/49365925

この記事へのトラックバック一覧です: 斐川町の出西窯の研修館で茶碗つくりに汗をかきました:

« 北方4島は日本の領土です | トップページ | 原点『平家物語』を聴く会 古場英登さんからのお便り 2012年NHK大河ドラマ決定 »