« 我が家の鯉の池の大掃除 | トップページ | 戦争の悲惨さを伝えましょう »

広島へ原爆投下 8月6日 

今年も暑い夏が続きます。二度と戦争はしてはいけません。去年は長崎の原爆による犠牲者の慰霊祭に行きました。最近、毎日マスコミは原爆の悲劇について報道しています。今年は国連事務総長やアメリカ大使も参加されました。アメリカ大統領はいつか来るのでしょうか。盆が終われば、この話もなくなり、また年々再々忘れ去られてしまうのではないかと心配です。

平和を守るためにも憲法9条は守らなくてはなりません。

本当に暑い日が続きます。一昨日はいけ掃除、昨日は友人とゴルフ、今日は昼からそろりそろりと畑の草取り。我が家は、夜、冷房はかけずに寝れるのは素晴らしいことです。

元防衛事務次官守屋武昌さんのかかれた『普天間交渉秘録』を読んでいますが、とても参考になります。春の普天間騒ぎは何だったのか不思議な感じさえします。日本の政治はそろそろ仕組みを変えなくては世界の潮流に押し流されます。永田町的権力闘争の終わりを願っています。

朝はお茶の練習に行きました。とても難しい。夕方は友達と雑談会を三刀屋のドンシュウでおこないます。

|

« 我が家の鯉の池の大掃除 | トップページ | 戦争の悲惨さを伝えましょう »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

「原爆記念日」  子供の頃は、今日の8月6日をこう教えられました。私にとって夏は「鎮魂の季節」であり、とりわけ8月は「鎮魂の月」であります。貴方が政界へ身を投じられたきっかけは、小学生の時に戦争映画をみられて、戦争はいけないことだと強く感じられたことによるものだということも、伺っております。
私の最初の勤務地が広島市内の局だったこともあり、毎年「原爆慰霊碑」をお参りしました。往時を偲び心静かに我が来し道を振り返るとき、のんべんだらりと生活していることに、時として申し訳ないような思いにさえなります。今日の私たちの幸せな生活は、戦争のために亡くなった多くの方たちの尊い命の犠牲のもとにあることを決して忘れてはならないと思います。  合掌

投稿: 掛合の田舎っぺ | 2010年8月 6日 (金) 19時03分

掛合の田舎っぺ様 8月は鎮護ンのつきです。戦後の平和は多くの人の犠牲の上に成り立っています。憲法9条は絶対に守るべきと思います。

投稿: 景山俊太郎 | 2010年8月 6日 (金) 20時54分

失礼しておりました。広島の原爆の日がきました。昨夜は親戚関係での懇親がありました。ある親戚の一人が明日は原爆投下の日だから「日の丸特攻隊の歌」を歌いました。なんとも言えないつらい歌詞でした。是非、子供たちをこの夏休み期間中に沖縄、広島に連れて行って戦争の悲惨さ平和について学ばせたいと思ってます。そして何かを感じとってもらいたいと思ってます

投稿: うるうる | 2010年8月 6日 (金) 22時53分

うるうる様 平和の大切さを考えることは大切です。

投稿: 景山俊太郎 | 2010年8月 6日 (金) 23時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/517932/49074516

この記事へのトラックバック一覧です: 広島へ原爆投下 8月6日 :

« 我が家の鯉の池の大掃除 | トップページ | 戦争の悲惨さを伝えましょう »