« 今の日本に高速道路を無料化するだけの余裕はない 政治にスピードを! | トップページ | 穴見谷集落のお堂の供養がありました »

恒例の掛合町内入間、波多、松笠地区夏祭り参加 掛合通信

掛合町内の夏祭りに参加しました。もう参加するようになってから何十年たつのでしょうか。祭りの内容はそれぞれの地区で検討され、行われますが、大変な苦労と思います。入間地区は現在小学校の旧校舎をリファインし宿泊を兼ねたコミュニィテーセンターに生まれ変わる工事がなされています。指導は早稲田大学の理工学部建築学科の古谷先生です。夕べもお祭りに学生をたくさん引き連れてきて、にぎわいに協力されていました。私は母校でもある早稲田大学の発展のために地域連携が必要と思い、古谷先生に全国からいろいろな人が参加できる「早稲田大学一日留学」をやるべしと提案しました。早稲田はもともと在野精神の中から生まれその心は地域社会です。だから地域で活躍されている方に一日早稲田に来て授業を受けてもらって理解してもらうべきです。少子高齢化が進むなかこれからの高等教育はまことにたいへんとおもいます。波多、松笠もたくさんの人が集まり賑わっていました。お盆はいろいろなところから帰ってきますので、若い人の姿が目につきます。一年中盆なら若い人もずーと田舎にいるのになーと思ったりします。歩くうちに結構飲みました。何処でも挨拶するようにと言われ、一分間スピーチで答えました。

|

« 今の日本に高速道路を無料化するだけの余裕はない 政治にスピードを! | トップページ | 穴見谷集落のお堂の供養がありました »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/517932/49148714

この記事へのトラックバック一覧です: 恒例の掛合町内入間、波多、松笠地区夏祭り参加 掛合通信:

« 今の日本に高速道路を無料化するだけの余裕はない 政治にスピードを! | トップページ | 穴見谷集落のお堂の供養がありました »