« 箱根登山電車 諸国漫遊 | トップページ | 島根大学で憲法について学ぶ »

吉田ふるさと村 島大関準教授の論文と東京で実際に島根の農産物販売し成果をあげた島根出身の大学生

昨日は久しぶりに島大の関準教授とお会いしました。「つないで再生、地域と経済」という論文をお書きになりましたが、その原稿をいただきました。島根県内の地域おこしの事例を引いて地域再生について論じられています。特に私も関係させていただいています「吉田ふるさと村」の地域振興と雇用創出については評価高く論じています。

今日の朝の山陰中央新聞には古里の農産品販売、島根出身の大学生が都内イベントに出店と大きな見出しで出ています。墨田区で開かれた「墨田食育フェステバル」に出店し島根県内の農産物を販売し、大きな成果を上げました。発案者は中央大学3年生の出雲市の森山祐介さんです。ネットで呼びかけ14人の人が集まり、島根パワーを発揮して海士町や大田市などの産物はすべて売り切れたそうです。一緒に活動する人を募っています。連絡先は森山さん(メールchu ho mon14@yahoo.jp)

|

« 箱根登山電車 諸国漫遊 | トップページ | 島根大学で憲法について学ぶ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

日本の母様 コメントありがとうございます。今、種を植えた段階ですのでこれから少しづつ成長すると思いますのでよろしくお願いします。

投稿: 景山俊太郎 | 2010年6月26日 (土) 04時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/517932/48692235

この記事へのトラックバック一覧です: 吉田ふるさと村 島大関準教授の論文と東京で実際に島根の農産物販売し成果をあげた島根出身の大学生:

« 箱根登山電車 諸国漫遊 | トップページ | 島根大学で憲法について学ぶ »