« 時代がすっかり変わったようです | トップページ | ちょっと旅に出ていました »

来週も頑張ります

Img_0843 Img_0845

庭に咲いた小さな生命、人に感動を与えます。

去年の秋植えたソラマメが豊作です。トマトになすびに花がついています。もう少しすれば大豊作でしょう。

昨日は午後、御茶のけいこに行きました。少しづつ熱が入ります。

三刀屋では出身地であるため、樽床伸二衆議院議員の話で持ちきりです。三刀屋に帰ってきたらたくさんの人が集まることでしょう。

ラーメンを食べに三刀屋の「ドンシュウ」に行きました。ここはとてもおいしいです。

来週も頑張ります。

|

« 時代がすっかり変わったようです | トップページ | ちょっと旅に出ていました »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

九州は今日、梅雨入りのようです。山陰も間もなくでしょうね。
梅雨入りしたら、映画「RAILWAYS」や古代出雲歴史博物館の特別展「BATADEN~一畑電車百年ものがたり~」を見に行こうと思います。
前売り券を買っているのですが、良い天気の時に、屋内は勿体無いような気がして、梅雨入りするまで我慢しています。
先生も行って見られたら如何ですか?

投稿: 旧頓原町出身の某 | 2010年6月12日 (土) 06時38分

おはようございます。

景山先生は、いつも前向きですね。畑作に茶道に多趣味ですね。

私は、関西で生活しています。両親は、三刀屋の出身です。三刀屋出身の有名人といえば、永井博士しか知りませんでしたが、民主党の樽床さんが有名になったので、驚いています。
今後もご活躍だと思います。景山先生、雲南市のみなさんの為に国政の経験を生かして頑張ってください。

投稿: フルーツポンチ | 2010年6月12日 (土) 08時13分

きれいな花ですね、一つは日々草ですかね。植物の生命力は驚異をとおり越して、私はいつも「神秘的」ととらえています。そして、道端に咲いてる名も無きような小さな花にも、心惹かれる人に親しみを感じます。心やさしい人、豊かな感性の人かなと思います。翻り、政治家もそうあって欲しいのです。社会の底辺にあって、貧困に苦しむ人、病気に苦しむ人、或いは田舎で細々と暮らす高齢者等へ暖かい手を差し伸べることが出来て、優しい心配りの出来る政治家の出現を期待するのは夢物語なのでしょうか?

投稿: 福場仁一 | 2010年6月12日 (土) 09時05分

旧頓原町の某さま 私も見に行こうと思います。梅雨が近づいています。身体を大切に。

投稿: 景山俊太郎 | 2010年6月13日 (日) 08時43分

フルーツポンチさま 関西にお住まいですか。今年は奈良のほうが賑やかではないですか。今度大阪の司馬遼太郎記念館を訪ねようと思っています。 

投稿: 景山俊太郎 | 2010年6月13日 (日) 08時48分

福場仁一様 福場さんの家のほうにもいろいろな花があるでしょう。一年中花が咲くようになれば良いですね。菅さんの所信演説は結構好評でした。強い経済、強い財政、強い福祉と今度こそ日本も安定して国民が安心して暮らせるようにしてほしいですね。 

投稿: 景山俊太郎 | 2010年6月13日 (日) 08時53分

菅総理の演説、鳩山さんと違い現実的な表現が用いれ良かったと思います。自宅に酪農家の団体から例の宮崎、鹿児島の家畜の口蹄疫に関する嘆願書がきました。ふと思いましたが、狂牛病対策の政府の対応はどうだったかと思い出しました。牛や豚を殺処分するだけでなく家畜市場もストップしている状況です。狂牛病の時は国は徹底的に官邸主導で全頭検査を実施したような気がします。あの吉野家の牛丼が食べれない…って思って残念な気持ちになりました。その時より今回は事態は深刻です。菅総理も現地入りされましたが、人間が食べても基本的には害はなく、ここは狂牛病や口蹄疫せよ国民に対して断固たる政府の過剰なまでの姿勢を見せることがパニックを抑える政治のプロの仕事だと思います。「脱官僚」とは言われていますが、明らかに政治家より官僚がその道では専門知識は間違いなく豊富です。官僚を信用できず1000をこえる通達文書を出したN厚労大臣もおられるようですが。酪農家の皆さんはほんと苦しいですよ。今のままでは食に関する危機管理の問題は解決できないような気がしてなりません。種類は違うも狂牛病時発生時の対策を再度、確認してもらいたいです。

投稿: うるうる | 2010年6月13日 (日) 19時33分

うるうる様 いつも見識あるコメント有難うございます。

投稿: 景山俊太郎 | 2010年6月13日 (日) 21時13分

いよいよ参議員選挙まであと1ヶ月を切りました。人様の出処進退に対し、無責任な発言は厳に慎まなければなりませんが、「多くの景山ファン」はこのまま指をくわえて静観視しているだけなのでしょうか?かっては「保守王国」と言われた島根に新風が吹きそそがれるでしょうか?それとも時代の変化に対応しきれず旧態依然とした昔ながらの選挙となるのでしょうか?
島根県民の静かで、それでいてホットな関心が高まっています。

投稿: 福場仁一 | 2010年6月16日 (水) 09時36分

国会が閉会し選挙モードに突入しました。やはり延長し菅総理と野党との突っ込んだ具体的な議論や菅さんの考えを聞きたかったです。難問山積です。郵政改革法案は一部の某政党の方たちの思いだからまあ置いておいて。ただ口蹄疫の政府の対策、それから沖縄の基地問題。鳩山さんが迷走した課題は続いています。これは沖縄だけでなく日本の在り方を問われる大きな問題です。しっかりと総理の思いを聞いて見たかったです。自ら、「奇兵隊内閣」と名付けられました。沖縄の民意が奇兵隊内閣の中でどのように推移していくか注視したいと思ってます。鳩山さんは「友愛社会」と言われ最後までピンときませんでした。菅さんは「最小不幸社会」と。これも正直わからない。裏を返せば「多少の不幸が出るのは仕方ない」ともとれます。ただ後世に特別なご高配をと言わしめるような犠牲を払うことはもう許せないと思います。政治家の言葉は重く責任があります。だから余計に会期を延長してでも総理の突っ込んだ発言を聞いて参議院選をしてほしかったです。残念でなりません。

投稿: うるうる | 2010年6月17日 (木) 00時56分

うるうる様 いつも貴重なご意見ありがとうございます。

投稿: 景山俊太郎 | 2010年6月17日 (木) 21時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/517932/48606251

この記事へのトラックバック一覧です: 来週も頑張ります:

« 時代がすっかり変わったようです | トップページ | ちょっと旅に出ていました »