« 徳島県阿南市市長岩浅嘉仁さんと久しぶりに再会しました | トップページ | エンターテイナー清水ミチコさんの一人リサイタルを聴きに行きました »

日本がんばれー 

今年の天気は温暖化ではなく寒冷化の状態です。箪笥の隅からセーターを出して羽織りました。一日中家にいました。庭の真赤に咲いていたシャクナゲもそろそろ終わりになってきました。月日のたつのは早いものです。政界は誠にてんやわんやといった感じですが、6月何があるかわかりません。今日は夕方から大学も同じで気の合う人たちと懇談会でした。結局一杯飲んで終わりです。でもみんな若くて、はつらつです。いま日本は大変です。まず子供を増やすことが一番です。そして移民を受け入れなくてはとなるでしょう。それらができなければ今の生活水準を落とすしかないでしょう。人口の減少する日本はたそがれとなる危険があります。きちんとした政策をしなくては駄目でしょう。自分でも何があるか考えてみたいです。

|

« 徳島県阿南市市長岩浅嘉仁さんと久しぶりに再会しました | トップページ | エンターテイナー清水ミチコさんの一人リサイタルを聴きに行きました »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

日本が抱える問題その1
難題が山積している現代ですが、貴方が日頃仰る田舎の問題のひとつである人口減小の最大原因は次代を担う若者の働く場所が地元に無いということに尽きると思います。勿論、地元にも「雇用の場」がありますが、そこで働くことが出来る人は、ほんのひと握りで、地元で働く意思はあっても、仕方なく県外就職してしまうのです。私は雲南市長に機会あるごとに、近隣の松江市や出雲市とタイアップして、とにかく「企業誘致」を重点施策の一つにして努めて欲しいと言っています。
さもないと、雲南市は衰退してしまうとまで。島根県も遅まきながら、近年、知事が「島根にユウターンしませんか?」のメッセージを若人に発出していますが、いかんせん、じゃあ働く場所があるのと問われたら、受け皿は少ししかありませんでは話にはなりません。三次市の工業団地は、いろいろな企業を誘致し、人口減少の歯止めになり、話題になっていましたね。市から助成金をつけ、税金でも優遇している由。条件は地元の人を優先して雇用させること。素晴らしい施策であると思います。雲南市も三次市へ勉強しに行って欲しいとさえ思います。
地域に子供が増えることも、産業等の発展も、地域が繁栄するのも大事ですが、その前にまず「人ありき、若者ありき」だと思うところです。

投稿: 福場仁一 | 2010年5月28日 (金) 18時36分

福場様 素晴らしいお考えと情報をありがとうございます。一度三次市に勉強に行ってみたいですね。

投稿: 景山俊太郎 | 2010年5月28日 (金) 19時04分

いつもながら、「打てば響く鐘」のごとくの早々のメッツセージをありがとうございます。
ただ、この人口減少事象は今後ずっと田舎が抱える「最大の問題」になることは間違いないと思います。
持論のほんの一端をふれましたが機会があればまた述べさせて頂きたいと思います。
最近では大山のふもとにできた大手の清涼飲料水メーカーも人口減少の歯止めに一役かっているとの報道がありましたが、まさに町長の大ホームランでしょうね。

投稿: 福場仁一 | 2010年5月28日 (金) 22時18分

福場様 いろいろなことを御存知ですね。感心しました。

投稿: 景山俊太郎 | 2010年5月28日 (金) 22時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/517932/48474624

この記事へのトラックバック一覧です: 日本がんばれー :

« 徳島県阿南市市長岩浅嘉仁さんと久しぶりに再会しました | トップページ | エンターテイナー清水ミチコさんの一人リサイタルを聴きに行きました »