« 京都の春 桜満開 | トップページ | ジャガイモを植えました »

ベトナムの街角から 世界がベトナムへ進出します

Img_0183 Img_0191 Img_0199_2 Img_0213

ベトナムに4年ぶりに訪れました。強烈に発展しているのが肌で感じられます。地の底から湧いて出るようなオートバイの大群。一日中休むことのない街の喧騒。確実にアジアの中で経済発展のしていく国です。大学が増え内容が充実してきたのにも驚かされます。ハノイーホーチミン間の新幹線構想も動き出しています。油、レアメタルなど資源も豊富な国、日本にとり日本の企業が絶対に進出していかなくてはならない国です。オートバイはホンダ、いすゞ、ヤマハが、車はトヨタが圧倒的です。

Img_0162

この写真は韓国の現代自動車がホーチンミン一のビルを建設し、ベトナム進出を象徴しています。その他中国人街の壮大さまたアメリカ人の旅行者の多さなどを見ると世界がベトナムを視野に入れているのがわかります。日本は政府挙げて取り組まなければ遅れます。

東アジアの総合開発が始まります。ベトナム新国際空港、中国南西部ーベトナム北部産業用高規格道路、インド東部の港湾拡張工事、タイーカンボジャ間に橋梁設置インドネシア港湾拡張などASEAN核に広域で開発事業が目白押しです。

日本はアジアなくしては生きていけないことを十分認識すべし。世界の人口六十四億の半分以上はアジアにいるのです。

|

« 京都の春 桜満開 | トップページ | ジャガイモを植えました »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ベトナムのホーチミンはどうでしたか。日本と比べて、ちょっと辛い?と思います。ホーチミンとは、以前サイゴンだった。昭和から平成にかけて、ベトナム(テレビ)を見て、暑くて室内に冷房がないようです。枯葉剤による「ベト君とドク君」が有名なんです。分離手術を成功後、ベト君は病気で亡くなり、ドク君は元気に・・・結婚して双子の父親になったんです。いつまでも元気でいて欲しい。

投稿: 田中 | 2010年3月30日 (火) 21時02分

田中様 コメントありがとうございます。

投稿: 景山俊太郎 | 2010年3月31日 (水) 00時14分

先生の晴耕雨読かつ、日本各地 もとより海外にと精力的な探訪の活動 に
敬意を表します。 いつまでも自己啓発に怠らない姿勢が人間力を高めるのでしょう。NHK 教育TV(木) 知楽遊学」 人間力養成術 の番組を毎週楽しみにしています。 先生の文化 政治 文学 哲学 多岐にわたる読書量は驚異的ですが一度、機会があればその蔵書を見せて頂ければ幸いです。 又 推薦図書の紹介をお願いします。

投稿: 松謙 | 2010年4月 4日 (日) 08時19分

松謙様 コメント有難うございます。お見せするほどの蔵書などありません。おはずかしいい限りです。でも田和山の今井書店へは2日に1度ぐらい入っています。
政局も混迷を深めてきました日本の政治はこのままでは良くなりません。

投稿: 景山俊太郎 | 2010年4月 4日 (日) 09時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/517932/47947813

この記事へのトラックバック一覧です: ベトナムの街角から 世界がベトナムへ進出します:

« 京都の春 桜満開 | トップページ | ジャガイモを植えました »