« 春雪 思わぬ荒れになりました | トップページ | 坪内学園の松江総合ビジネスカレッジの卒業式 »

キム・ヨナ現象はいつまで続くのか 日本の将来が心配です

バンクーバーオリンピックのフィギアスケートは浅田真央さんとキム・ヨナさんの高度な争いの末,キム・ヨナさんが金メダルを獲得した。今年の女子プロゴルフ初戦も1位、2位ともに韓国勢に後れを取った。サッカーの岡田ジャパンも韓国に不覚をとった。あまり、国とか民族について触れたくはないが、最近の韓国勢の勢いは凄いものがある。(相撲の幕内の力士を見ても外人16人、日本人26人と肉迫してきている。)就業者1人当たりの国内総生産(GDP)で日本は先進7ヵ国の最下位。背後に韓国が迫る。人口が減るなか、成長力を取り戻すには「1人当たり」の力の向上が不可欠。もっと結果を出す働き方が必要と3月11日の日経にも記されている。産業界を見ても、トヨタ・日産などの国産車対現代自動車、パナソニック対サムソン、新日鉄、JFE対ポスコ、などいろいろ見ると韓国産業界の勢いはとどまることがない。韓国は北朝鮮と厳しく対峙しながらこの勢いである。世界に視野を広げて国を挙げて進んでいると感じる。日本はなんだか後れを取っているようだ。グローバル化の世界で日本は生きていかなくてはならない。日本人として意識せざるを得ない。問題は日本の教育に問題があるのではないか。そのためにも、日本の教育制度、そして、その中身を再検討すべき時に来ているのではありませんか。日本は6・3・3・4制ですが、このシステムを見直し大学、大学院修士、博士課程教育の充実を図る必要があります。留学制度も考え直す必要があります。国家公務員は必ず英語で外交交渉がやれる力を持つべき試験をする必要があります。

|

« 春雪 思わぬ荒れになりました | トップページ | 坪内学園の松江総合ビジネスカレッジの卒業式 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/517932/47754441

この記事へのトラックバック一覧です: キム・ヨナ現象はいつまで続くのか 日本の将来が心配です:

« 春雪 思わぬ荒れになりました | トップページ | 坪内学園の松江総合ビジネスカレッジの卒業式 »