« 皇女和宮ゆかりのお寺 「宝鏡寺」 | トップページ | 『銀色万年筆』 小さな変化の気配を感じて、今日も生きる »

国を支えて国を頼らず 日本を代表する偉人福沢諭吉

Img_3674 Img_3675

国を支えて国を頼らず、「独立自尊」を訴え日本を近代国家へと導いた福沢諭吉(北康利)上下を読んでいます。今の混沌とした、また、将来に不安を抱かせる日本にとり、一万円札に登場だけでなく、今一度日本人に勇気を与えるためにも登場してほしいものです。なかなか面白いです。

|

« 皇女和宮ゆかりのお寺 「宝鏡寺」 | トップページ | 『銀色万年筆』 小さな変化の気配を感じて、今日も生きる »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

最近、小学校になる娘が坂本龍馬って何をした人と聞いてきました。大河ドラマの影響か?まだ娘は小学校の2年生ですが端的に「新しい国を作るために沢山の友達を作って皆から慕われた人」「だからみなと仲良くし大人になっても付き合っていける友達をつくろうね」と説明しました。難しかったです。最近の歴史の学習はどんなふうに勉強するかわかりませんが。受験勉強での歴史教育だけでなく、もっと人物にしぼった教育もどうかと感じます。教育も政治の果たす役割は大きいです。日本の教育は世界の国々ない誇れるものがあります。誰もが平等に寺子屋教育からしても。今の政治はテレビで「ゼネコン・マザコン・日教組」って放送していました。今一度、教育、中でも歴史教育については検討する必要があるのではないかと感じます。

投稿: うるうる | 2010年2月25日 (木) 21時18分

うるうる様 誠に参考になるご意見ありがとうございます。歴史教育、とくに明治以降の歴史について学ばなくてはならないと思います。

投稿: カゲヤマシュンタロウ | 2010年2月25日 (木) 21時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/517932/47647771

この記事へのトラックバック一覧です: 国を支えて国を頼らず 日本を代表する偉人福沢諭吉:

« 皇女和宮ゆかりのお寺 「宝鏡寺」 | トップページ | 『銀色万年筆』 小さな変化の気配を感じて、今日も生きる »