« 秘湯 湯村温泉 「湯の上館」 いつまでもぽかぽかします | トップページ | 郷土出身の隠岐の海関いよいよ幕内力士へ »

同窓生の会 うさぎ追いしかの山 小鮒釣りしかの川

昨夜は高校の同級生の小原さんの「会社勇退のお祝い会」がありました。ご苦労様でした。これからも健康で人生を楽しんでください。みんなワイワイガヤガヤ一杯やりました。これからは何といっても健康が一番というのが誰もの認識です。

家に帰ってみると、掛合中学校卒業50周年記念の同窓会の案内状が来ていました。もちろん小学校の同級生も入っています。今から久しぶりに同級生の元気な姿を見るのを楽しみにしています。多分いろいろな思い出話に花が咲くと思います。私たちの時代は戦後の傷跡が完全にいえていない時代でありました。日本の高度成長の時代もこれからという時であり、実際豊かという時代ではありませんでした。生まれた時は昭和19年、20年で太平洋戦争の真っただ中でした。小学校には昭和26年、中学校には昭和32年に入学しました。でもあのころは今と違って子供の数も多く小学校は2組、中学校(統合されていましたので)は3組でした。小学校では教科書は兄弟姉妹のある人はお古を使用しているのも珍しくありませんでした。衣類も今のように丈夫ではありませんからつぎはぎを切る場合もしばしばでした。学校へ通うのは集落の中で一番学校から遠い人から一軒一軒声をかけて列をなして行きました。田んぼでのちゃんばら、相撲、三角ベース、魚釣り、、川での水泳、アケビとり、竹スキー、そりこなど春夏秋冬遊びが中心でした。今、このような光景に出合うことがありません。私たちの子供時代のほうがなんだかよっかったような気がします。また同窓会の光景についてはその時お話しいたしましょう。

|

« 秘湯 湯村温泉 「湯の上館」 いつまでもぽかぽかします | トップページ | 郷土出身の隠岐の海関いよいよ幕内力士へ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

懐かしい故郷の歌ですね。60年代は、生徒数が多かったんです。最近は、少子化により、生徒数が減少しています。廃校すると、生徒達は、学校が遠いので、交通の不便で大変なんです。隠岐の海関、目標通りに10勝(スポーツ速報より)する事ができました。頑張りましたね。春場所に勝ち越しするように頑張って下さい。最年長の魁皇が凄い!魁皇みたいな長く、「勝ち越し」して欲しい。朝青龍は久しぶりに優勝する事ができました。後にスポーツニュースを見ます。負傷しないように・・・

投稿: 田中 | 2010年1月24日 (日) 21時31分

コメントありがとうございます。いつもありがとうございます。

投稿: 景山俊太郎 | 2010年1月24日 (日) 22時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/517932/47367879

この記事へのトラックバック一覧です: 同窓生の会 うさぎ追いしかの山 小鮒釣りしかの川:

« 秘湯 湯村温泉 「湯の上館」 いつまでもぽかぽかします | トップページ | 郷土出身の隠岐の海関いよいよ幕内力士へ »