« 今年も早いものでクリスマスの時期となりました | トップページ | 安来の清水寺の清水谷貫主さんの法話があります »

島根名物 シルクパウダー入りのうどん 「絹の細みち」

Img_3459

西陣の帯屋さん「渡文」(渡部隆夫社長)が島根に進出して、30年以上の歳月が流れました。掛合、弥栄、などで工場を持ち、日本の伝統工芸の進展と地域の雇用の拡大に寄与していただいています。「渡文」は出雲市佐田町にありました東須佐小学校が廃校になったのを京都に運び、、日本に来て宮大工になったマイケルアンダーソン(米国)の設計により復元し、現在「織成館」と命名し、西陣で各種の催事に使っています。その「渡文」が今度は島根の名物として全国販売を試みるため、シルクパウダー入りのうどん「絹の細みち」を開発しました。選び抜いた小麦粉と上質の湧き水で練り上げ寒作り製法で小麦の香りを閉じ込めた絹のようになめらかで張りのあるのど越しの細麺です。出雲の麺と京の絹が島根の山里で出会い、ほんのり甘くてもちもちの絹うのうどんです。とても味がよくて、京の都の味がいたします。

販売元は渡文株式会社 掛合工場 0854-62-0175

渡部隆夫社長は郵便株式会社の民間からの社外取締役としても頑張っています。

|

« 今年も早いものでクリスマスの時期となりました | トップページ | 安来の清水寺の清水谷貫主さんの法話があります »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/517932/46992820

この記事へのトラックバック一覧です: 島根名物 シルクパウダー入りのうどん 「絹の細みち」:

« 今年も早いものでクリスマスの時期となりました | トップページ | 安来の清水寺の清水谷貫主さんの法話があります »