« 元島根県農業協同組合中央会・各連合会会長 吉岡亀太郎さんの叙勲祝賀会 | トップページ | 今日の一日 学びの日 »

赤穂浪士とそば屋

Photo 250pxutagawa_kunisadac1850horibe_ya 

今日12月14日は全国のそば屋さんは稼ぎ時です。時は元禄15年(1702)12月14日、大石内蔵助良雄率いる赤穂浪士47名は江戸本所松坂町吉良上野介義央の屋敷を襲い主君浅野内匠頭長矩の仇を報いたというのはあまりにも有名な話です。この討ち入りの前夜義士一党ひそかに江戸市中のそば屋に集まり、そばやうどんを食べたという巷説も広く知られています。東京高輪の泉岳寺や京都山科の大石神社などゆかりのお寺や神社が催す義士祭にはそばが振るまわれますが、多分どこのそば屋さんもこれにならって夏のうなぎの日のように繁盛していることでしょう。実際の吉良邸討ち入りは日付けが変わって翌15日未明の七ツ(午前4時)で晴れた月夜でした。

赤穂浪士の杉野十平次は、「夜泣きそば屋の当たり屋十助」に身を宿し、吉良邸を探りました。そして、お客の俵星玄蕃と親しくなりました。討ち入りの夜、俵星玄蕃が槍を引っさげて駆けつけて来るのはお芝居などで有名なお話です。

今夜も星空でした。明日の未明には元禄15年と同じような月明かりになることでしょう。

|

« 元島根県農業協同組合中央会・各連合会会長 吉岡亀太郎さんの叙勲祝賀会 | トップページ | 今日の一日 学びの日 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/517932/47020903

この記事へのトラックバック一覧です: 赤穂浪士とそば屋:

« 元島根県農業協同組合中央会・各連合会会長 吉岡亀太郎さんの叙勲祝賀会 | トップページ | 今日の一日 学びの日 »