« 大隈重信記念会館を訪れて 佐賀市 | トップページ | 阿蘇の麓にて »

昭和16年12月8日12月8日 日米開戦 国家の犯罪

昭和16年12月8日は日本がアメリカに宣戦布告し、忌まわしい太平洋戦争が始まった日です。その結果、230万人の軍人軍属と80万人の一般市民がなくなりました。またアジアをはじめ多くの国に多大な被害を与えました。そして日本は負戦、無条件降伏を受け入れることになりました。戦後、沖縄は返還されましたが、未だ北方領土の返還は見通しさえありません。この戦争は国家の犯罪であり、マスコミの扇動によるものです。若者はたった1銭五輪のはがきで召集され、尊い命を落としました。沖縄戦、広島長崎への原子爆弾投下、東京をはじめ多くの都市への空襲など日本は壊滅的な状態になりました。昭和16年12月8日から始まった悲劇はしっかりと次世代に伝えなくてはなりません。亡くなった方たちの悔しさに思いを馳せ、哀悼の誠を捧げるものです。

|

« 大隈重信記念会館を訪れて 佐賀市 | トップページ | 阿蘇の麓にて »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/517932/46964371

この記事へのトラックバック一覧です: 昭和16年12月8日12月8日 日米開戦 国家の犯罪:

« 大隈重信記念会館を訪れて 佐賀市 | トップページ | 阿蘇の麓にて »