« 今年もあと僅かになってまいりました | トップページ | 黄色い牡丹 簸川神社から氷川神社へ »

やっぱり異常か 12月に黄砂が舞うとは 世界は環境問題に本気で取り組まなくてはなりません

昨日は驚いたことに大陸から黄砂で、春霞のようのようになりました。。12月にこうした状態が起こるのは過去に経験がありません。確かに地球に環境の異変が起きています。産業と環境の整合性を本当に考えなくてはいけないでしょう。

今日は12月最後の日曜日です。朝早く掛合の里の直販店に行ってみましたらたくさんの人が集まっていました。大なべ一杯に豚汁が作られお客さんに振る舞われていました。私も一杯御馳走になりました。

今日は日本中央競馬の今年の最終戦の有馬記念が中山競馬場で開催されますが、こうして今年のいろいろな行事も一つ一つ終わり、新しい年を迎えることになります。政治も経済も地方もどういう時代を迎えることになるでしょう。

今日は夕方掛合太鼓保存会の忘年会が開催されます。地域おこしを続けていくのは並大抵の努力ではなりません。

|

« 今年もあと僅かになってまいりました | トップページ | 黄色い牡丹 簸川神社から氷川神社へ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/517932/47126034

この記事へのトラックバック一覧です: やっぱり異常か 12月に黄砂が舞うとは 世界は環境問題に本気で取り組まなくてはなりません:

« 今年もあと僅かになってまいりました | トップページ | 黄色い牡丹 簸川神社から氷川神社へ »