« 日本の秋は「就職氷河期」です | トップページ | 11月20日 ごく普通の一日でした 尾道線松江線の早期完成を期待しています »

出雲市塩治在住の板倉幸昌画伯の個展 出雲文化伝承館

Img_3329 Img_3332 Img_3331

出雲の文化伝承館で開催されています板倉幸昌先生の個展を鑑賞しに行きました。昭和31年以来今日までの特に東光展、日展出品作を中心に50店の力作です。出雲地方の築地松、雲などを題材にした絵が時代時代に板倉先生の心象を表現し、今日まだまだ制作意欲旺盛で発展途上であると感じました。板倉先生は昭和45年から掛合中学の校長を務められましたが、そのころからお付き合いをさせていただきました。年は85歳でありますが、万年青年です。私も板倉先生の掛合の「八重滝」をお書きになった力作を持たせていただいています。写真は板倉先生の絵の前で撮らせていただきました。ますます、お元気で頑張ってください。

11月29日まで開催しています。ご覧になってください。

|

« 日本の秋は「就職氷河期」です | トップページ | 11月20日 ごく普通の一日でした 尾道線松江線の早期完成を期待しています »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/517932/46804569

この記事へのトラックバック一覧です: 出雲市塩治在住の板倉幸昌画伯の個展 出雲文化伝承館:

« 日本の秋は「就職氷河期」です | トップページ | 11月20日 ごく普通の一日でした 尾道線松江線の早期完成を期待しています »