« 1989年11月9日 冷戦の象徴 東西ドイツを分断していた壁の崩壊 | トップページ | 非公開 東大寺塔頭 龍松院 諸国漫遊 »

第19回(株)田部OB会の小旅行

Img_3307 Img_3309 Img_3320 Img_3315 Img_3316 Img_3327 Img_3328 Img_3312

戦後間もなく、掛合町増砂に木材会社清泉工場が誕生しました。その後、田部林産となり、今日(株)田部と移り行きました。常に地域の産業の中核であり貴重な雇用の場として、60有余年、地域経済を支えてきました。最初勤めていた方たちは100歳を超える年齢です。秋の深まる一日19回目を迎えるOB会が松江で開催されました。男性女性合わせて20人の参加者でした。私も父の代からお世話になっていますが、参加させていただきました。久しぶりにお会いする方ばかりで、懐かしく時空を超えて昔に戻り、楽しい一日を過ごさせていただきました。皆さん70第、80代ですが、本当にお若いです。内藤専務さんにも出席していただきうれしく思いました。

堀川遊覧をさせていただきました。お城を中心に松江の秋を堪能しました。船頭さんは皆第二の人生を楽しんでる方ばかりです。4か所、橋の高さが低いところがあり、ぶつかるといけませんので、一斉にに頭を下げるのはとても面白いです。この堀川遊覧の発案され実行された宮岡前松江市長さんには頭が下がります。

そして松江温泉の「なにわ一水」で食事をし、勿論お酒をいただき、お話やカラオケで大いに盛り上がりました。そして夕方家路につきました。

|

« 1989年11月9日 冷戦の象徴 東西ドイツを分断していた壁の崩壊 | トップページ | 非公開 東大寺塔頭 龍松院 諸国漫遊 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

楽しそうですね。達成感のある仕事をさせてきた方ばかりでしょうから、思い出もたくさんで、もりあがったでしょうねぇ。
現在、農業・林業が再注目されつつありますが、言葉だけでなく資源豊富な我県から動いてほしいものです。田部さんには是非、引っ張っていっていただきたい。
数年後、JAも県下統一され、基盤強化をされるようですが、あわせて林業復活を期待したいのですが・・・。
そんな中心になっていただきたいと思います、田部さんには。
私も安来の田舎に少しだけ山との関わりがありますが、なかなかうまく利用されておりません。OB会に参加されているような方の知恵をまずは我県に。

投稿: 木下 | 2009年11月11日 (水) 14時22分

コメントありがとうございます。農業の問題もさることながら、林業の問題も大変です。木材の価格は低迷し、家の材料も変わり、日本材をあまり使用しなくなりました。これからの建築について戦後植林をした材木が使われるように何かいい工夫はないものかと思います。一緒に言った方たちはいろいろな知恵を持っていますので、そういう方のNPOでもたちあげていただくといいかもしれません。

投稿: 景山俊太郎 | 2009年11月12日 (木) 08時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/517932/46733587

この記事へのトラックバック一覧です: 第19回(株)田部OB会の小旅行:

« 1989年11月9日 冷戦の象徴 東西ドイツを分断していた壁の崩壊 | トップページ | 非公開 東大寺塔頭 龍松院 諸国漫遊 »