« 淞雲同好会 60歳以上の皆さん健康万歳 | トップページ | 島根県連合青年団と斐川町の新田恭一君 »

弧高の日本画家 橋本関雪展を鑑賞しました

芸術の秋となりました。島根県立美術館で開催されている橋本関雪展を鑑賞しました。橋本関雪は(1883~19459)京都の竹内栖鳳の画塾竹杖会で四条派を学び、画壇に確固たる地位を確立しました。その後、竹内栖鳳と意見が分かれ、竹杖会を離れ弧高の立場を貫きました。ヨーロッパに渡り、西洋の影響も受けました。また中国に30回も渡り画題を求め、南画にも精通しました。昭和期にはいり画題を動物に求め有名な玄猿などを描きました。師の竹内栖鳳との対立したのを画題にした白馬と猿の決して目を合わすことのない寒々ととした絵は印象に残ります。

昨日は三刀屋の都間土建の会長都間隆さんのご葬儀が行われました。大変お世話になりました。心からご冥福をお祈りします。ご子息の都間正隆さんのご活躍を期待しています。都間隆さんは絵が大好きで私蔵の掛け軸などよく見せて頂きました。

毎日、テレビは民主党の動きを報道しますが、NHKのクローズアップ現代に出演する民主党の議員の人たちは中身はいろいろあると思いますが、なかなか良い感じを与えているのではないかと思います。幹事長には小沢一郎さんを充てるなど鳩山由紀夫さんは相当にしたたかと感じました。一昨日の麻生総理の荒れた記者会見は一国の総理の記者会見としてはお粗末でした。自民党も相当にそれこそ褌をしめてかからないと完全にやられてしまいます。財務省の丹後事務次官が先の補正予算の停止を宣言しましたが、その財源で民主党の目玉である2万6000円の子育て支援費や農家への個別所得補償費などの予算として秋の臨時国会に提出するのでしょう。

|

« 淞雲同好会 60歳以上の皆さん健康万歳 | トップページ | 島根県連合青年団と斐川町の新田恭一君 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/517932/46114021

この記事へのトラックバック一覧です: 弧高の日本画家 橋本関雪展を鑑賞しました:

« 淞雲同好会 60歳以上の皆さん健康万歳 | トップページ | 島根県連合青年団と斐川町の新田恭一君 »