« いよいよ総選挙が始まりました | トップページ | 護国寺の境内を散策して »

日本の未来は

Img_2765 

総選挙が始まりました。今度の選挙は戦後始まって以来初めてといわれる政権交代の可能性があるといわれています。どの政党もマニフェストを作成し、選挙ならではの国民の気を引くばらまきと言っていい政策の羅列です。今考えてみなくてはならないのは、あの忌まわしい戦争が終わり64年がたちました。私たちはたくさんの先人の努力により平和な日本を作り上げてきました。また廃墟の中から今の経済力ある日本を創ることができました。それは今の憲法、特に憲法9条の存在が大きかったと思います。今度の選挙を通じてこれからの国のかたちを真剣に考えなくてはならないと思います。歴史家E・H カーが「歴史とは何か」の中で「歴史は過去との対話」であると述べています。私たちの原点は二度と再びと戦争はしてはならないということです。そのためにも、どの党もいかなることがあっても戦争はしない平和な国、日本を作っていかなくてはならないと約束しなくてはなりません。その確約が一番のマニフェストと思います。日本が世界から一目置かれる国とは平和に徹する国づくりと思います

地方は疲弊しています。この間も農家の働き手が経営の行きずまりで自殺した話を聞きました。今農村社会は農業を業としてはやれません。少子高齢化、過疎は続き高齢化率も年々上がりとても農業などとはと言ってはおれない状況です。せいぜい僅かな年金で細々と命をつないでいるといったほうがいいような状態です。よく誰もが言う言葉に農業は国の基であるといいます。しかしそれは完全に放棄されています。自給率を上げますとか何とか言っていますが、それは言葉のたわごとにすぎません。農業のお世話をする農協も自分の経営を維持するために四苦八苦しているといたほうが良いかもしれません。国の基幹産業として農業を位置づけるならば、人口が都市へ集中していくのを止めなくてはなりません。道州制などというばかげたこという人がいますが、これは地方をますます疲弊させ農業の衰退をますます加速さすものです。

|

« いよいよ総選挙が始まりました | トップページ | 護国寺の境内を散策して »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/517932/45968481

この記事へのトラックバック一覧です: 日本の未来は:

« いよいよ総選挙が始まりました | トップページ | 護国寺の境内を散策して »