« クリントン元大統領のあざやかな外交  空白の40日は日本に何をもたらすのか そして地元の島根は | トップページ | マスコミが言う通り本当に政権交代はあるのでしょうか »

8月6日広島原爆の日

Hirosima

広島は今日64年目の原爆の日を迎えます。改めて戦争の悲惨さを思い、二度と戦争をしてはならないということを決意しなくてはなりません。私は小学校ころ「原爆の子」という映画を見ました。その画面に映し出される光景はまさに地獄絵でした。ショックを受けました。二、三日食事が喉を通りませんでした。何で人間は戦争をするんだろう。戦争は絶対にしてはいけないと思いました。その後、私の政治を歩む原点になりました。今年はオバマのプラハ演説により核廃絶の理想への期待が高まっています。一方北朝鮮の核開発に恐怖を覚えます。世界からは戦争の危機は取り除かれていません。これだけ科学が発展しても人間の愚かさはと思うばかりです。しかし私たちは戦争は絶対にしてはならないことを再び誓い合わなくてはなりません。

今日の各紙には原爆症訴訟全員救済へと書かれています。実現することを期待しています。

いつか広島へ、長崎へアメリカの大統領が訪問することがあるでしょうか。

しずかに原爆被爆によりお亡くなりになった方々に哀悼の誠をささげたいと思います。

|

« クリントン元大統領のあざやかな外交  空白の40日は日本に何をもたらすのか そして地元の島根は | トップページ | マスコミが言う通り本当に政権交代はあるのでしょうか »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/517932/45849409

この記事へのトラックバック一覧です: 8月6日広島原爆の日:

« クリントン元大統領のあざやかな外交  空白の40日は日本に何をもたらすのか そして地元の島根は | トップページ | マスコミが言う通り本当に政権交代はあるのでしょうか »