« 「景山俊太郎」大いに吠える 自民党島根県連の職域支部・団体協議会合同会議 | トップページ | 8月6日広島原爆の日 »

クリントン元大統領のあざやかな外交  空白の40日は日本に何をもたらすのか そして地元の島根は

Kurinntonn

毎日の雨模様と一緒で40日ものダラダラした政治空白は日本の将来に暗い影を投げかけています。この間、アメリカと中国の経済外交の促進、今度は突如としてクリントン元大統領が北朝鮮を訪問し、金正日総書記と会談し、口頭で今後の日朝関係の改善を約束し、北朝鮮が3月から拘束しているアメリカ人女性記者2人を即刻開放し、早々と帰国させました。あざやかなものです。すべて日本の頭越しに外交が進んでいます。麻生総理が新潟へ行き、横田めぐみさんが拉致された現場を見たのはいいですが、蓮池さんたちと会うことが出来なかったのは政権が信頼されていないと思います。日本の拉致問題は小泉内閣の衝撃的帰国以来、何ら進展していません。完全に日本はアメリカからも中国からも北朝鮮からも無視されているといっても言い過ぎではないと思います。官房長官の記者会見は弱弱しく信頼を国民に与えるものではありません。こんなことでは選挙の結果は昨日の共同通信の世論調査のようになるかもしれません。もっと内閣が力強く国民に信頼を与えるようにしなければ日本が心配です。

企業もこんな日本ではとても企業活動ができないと思い、今朝の新聞を見ると江津市にあるパナソニックが撤退を決定しました。そしてBRICSの方にシフトを敷くそうです。またもや雇用不安が出ると思います。

田中江津市長に電話をしましたら朝早くパナソニックの本社へ抗議をするため高速道を走っておられるところでした。がんばってください。

|

« 「景山俊太郎」大いに吠える 自民党島根県連の職域支部・団体協議会合同会議 | トップページ | 8月6日広島原爆の日 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/517932/45842695

この記事へのトラックバック一覧です: クリントン元大統領のあざやかな外交  空白の40日は日本に何をもたらすのか そして地元の島根は:

« 「景山俊太郎」大いに吠える 自民党島根県連の職域支部・団体協議会合同会議 | トップページ | 8月6日広島原爆の日 »