« 今朝の時事放談は面白かった 野中広務先生と半藤一利さんの対談 | トップページ | 大相撲郷土出身の福岡関頑張れー 来場所は十両復帰を果たしました »

島根の観光振興に努力していただいている二人の女性

Img_2624_2 Img_2625 

二人の美人は誰でしょう。写真左側は松江城を建設し、嫁ヶ島の竹生島神社を建立された堀尾吉晴公のご子孫で京都在住の伊藤さんです。嫁が島でいろいろな行事がある時は必ず出席されます。松江のために頑張っていらっしゃいます。

右の写真は島根県商工労働部観光振興課課長玉串和代さんです。島根県は観光県として頑張らなくてはなりませんが、玉串さんの双肩にかかっています。

お二人とも頑張ってください。

|

« 今朝の時事放談は面白かった 野中広務先生と半藤一利さんの対談 | トップページ | 大相撲郷土出身の福岡関頑張れー 来場所は十両復帰を果たしました »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この度、4月より「ご縁」があり島根県立古代出雲歴史博物館で働くことになりました。出身は関西(奈良)ですが、出雲とゆかりの深いところです。今年、出雲は60年に一度の遷宮祭があり、まさに宝くじに当たったような気分です。
館長は2009年7月28日 (火) 日記・コラム・つぶやき「島根の観光振興に努力していただいている二人の女性」に掲載された玉串和代さんです。観光振興に非常に熱心で、今後の出雲(島根)の観光振興にいろんな角度(国内外からの観光客の誘致など)からの誘客に期待できます。

投稿: 大矢光彦 | 2013年4月17日 (水) 23時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/517932/45739999

この記事へのトラックバック一覧です: 島根の観光振興に努力していただいている二人の女性:

« 今朝の時事放談は面白かった 野中広務先生と半藤一利さんの対談 | トップページ | 大相撲郷土出身の福岡関頑張れー 来場所は十両復帰を果たしました »