« 運命の人 山崎豊子 | トップページ | 倉敷美観地区 パート1 大原家を語らずして倉敷きは語れない »

赤来高原 ヤマト芋

Img_2396 Img_2397

国道54号線の飯南町エリア内に「道の駅」と併設して特産品売り場があります。そこで飯南町ヤマト芋生産組合の山崎昭三組合長とお会いしました。ヤマト芋の生産に携わってすでに15年になります。今では販路も広がり、にこにこ顔でした。東京の高級スーパ―「紀伊国屋」にも進出し全国展開を図っています。

ヤマト芋は天然山芋に匹敵するほど粘りが強く、芳香な風味と豊かな栄養を持ち、芋類の王様といわれています。一度ご賞味してください。

|

« 運命の人 山崎豊子 | トップページ | 倉敷美観地区 パート1 大原家を語らずして倉敷きは語れない »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/517932/45231274

この記事へのトラックバック一覧です: 赤来高原 ヤマト芋:

« 運命の人 山崎豊子 | トップページ | 倉敷美観地区 パート1 大原家を語らずして倉敷きは語れない »