« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2009年6月

大黒様といなばの白ウサギ 楽しい会合

Img_2544 Img_2542 

heart02昨日の夜は楽しい会合がありました。この会の皆さんは時々集まり、連帯を深め、地域の活性化に頑張っていらっしゃいます。私も皆さん方の質問にお答えしましたが、いろいろと教えて頂くこともあり、有意義な且つ楽しい会合でした。そのうち次第に熱が入り、女性お二人が大黒様といなばの白ウサギのお話を演じられ、拍手喝采でした。瞬く間に時間がたちました。次は秋のお祭りにお会いすることを約束してお別れしました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

倍賞千恵子コンサートⅡ 安来市民会館にて

Baishou

heart01『倍賞千恵子コンサートⅡ』があり安来市民会館へ行きました。倍賞さんは日本を代表する俳優でもあり、歌手でもあります。映画「男はつらいよ」ではさくら役で27年間も出演続けました。また、歌手としては「下町の太陽」でデビューし、深呼吸したら思い出す数々の歌を世に出しました。プロデユースとピアノは小六禮次郎さんでした。小六さんは倍賞さんの旦那さまです。お二人の息のあった歌とお話は会場を魅了しました。倍賞さんは小六さんより年上だと思いますが、若々しく、元松竹歌劇団ほどあって踊りも仕草も軽快そのものでした。同じ世代として若さを保つ努力をしなくてはと思いました。歌は「さくら貝の歌」「ヤシの実」「真白き富士の根」「下町の太陽」「おはなはん」「春が来た」「夏は来ぬ」「赤とんぼ」など沢山の歌を1時間半にわたって歌い、楽しいひと時をプレゼントしていただきました。(o^-^o)

「男はつらいよ」の寅さんこと渥美清さんが天国から応援されていると思います。

6月28日は隠岐文化会館でコンサートだそうです。いつまでも頑張ってください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

我が家の菜園の野菜も次々に食べごろになってきました

Img_2538 Img_2539 Img_2540 Img_2541

heart04以前にもこのブログでお知らせしましたように小さな家庭菜園がありますが、次から次へと食べごろになっていきます。エンドウ、大根の葉、玉ねぎ、写真にある、きゅうり、ピーマン、ミニトマト、しゅんぎくなど食卓に並んで行きます。形は不ぞろいであったりしますが、全く自然そのもので安心安全の象徴です。最近は家庭菜園をされる方が多くなっていますが、たくさんの方がこれから参加されるといいですね。人間は自然と対話する事が大切と思います。(*^-^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

暑い夏には滝からの涼風が良いと思います 諸国漫遊

Img_2467 Img_2471    Img_2474 Img_2468_2

日光の東照宮見学の後は、海抜1200m以上の地点にある中禅寺湖や湯湖から流れる滝、その中でも100mの高さを誇る華厳の滝や竜頭の滝、湯滝など名瀑に圧倒されました。滝からの涼風は寒く感じるくらいです。今年の夏は涼風を求めて滝めぐりなどもよいと思います。アユやヤマメ釣りを楽しむ人たちも目立ってきます。島根県にもたくさん滝があります。都会の暑さをしのぐには深山に入り涼風を求めるのは今風にいえばエコ的と思います。

Img_2480_3

滝の近くの売店ではアツアツの串焼きのアユやヤマメが味覚をそそります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

豊かな海の幸 美味しいですよ!

Img_2537 

heart02島根県の海岸沿いは大変長いです。海の幸の宝庫でもあります。海岸端の友人が今朝、自分で獲ったばかりの海の幸を持ってきてくれました。すぐに刺身にして食べることにしました。とても美味しいですよ。( ̄ー ̄)ニヤリ

fish島根は海の幸、山の幸、里の幸と他に見られない豊かな食材が山ほどあり、将来の展望は開かれています。その為のひと工夫が今必要です。(*^-^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

親父の贈り物 梅の収穫

Img_2529 Img_2533

heart04親父は地域産業の振興策として梅の栽培に力を注ぎました。一時、掛合の名産として知られ、相当に販売もされました。今は趣味の段階になっています。我が家にもその残影として梅の木がたくさん残っています。今年も見事な実をつけました。今日は知人が訪れて、一緒に梅の実の収穫に精を出しました。皆さんが私に「お父さんの贈り物ですね」とおしゃっていただきうれしく思いました。さぞ、親父もご浄土で喜んでいることでしょう。(*^-^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ブログを初めて一年がたちました 心からお礼を申し上げます

Img_2246_2 Img_2478_2

まったくパソコンに触ったこともなかった私が一念発起し、パソコンを習い、ブログを発信するようになりましてから、六月二十三日でちょうど一年が経過します。ブログの発信は継続する事が一番であります。誤字脱字などもあり、笑われることも沢山あったと思います。しかし多くの皆様に私の近況を知っていただきたいとも皆思いました。五万件を超すアクセスをいただき、また沢山の貴重なコメントに本当に感謝しております。今後もどうかよろしくお願いいたします。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

大地に根を張った夏の草花

Img_2520 Img_2522 Img_2521 Img_2525 Img_2523_2 Img_2497_3

大地にしっかり根を下ろし、花を咲かせている命,神々しい夏の草花たち。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

野中広務先生と鳩山前総務大臣が対談していました

野中先生と鳩山先生がTBSの時事放談で興味ある対談をしていました。日本は大きく変貌する予感がします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

雲南地区日韓親善協会

Img_2517_2Img_2519

雲南地区日韓親善協会(陶山吉朗会長)の総会が行われました。駐広島大韓民国総領事許徳行さんが来賓でおいでになりました。「日韓の歴史認識の格差問題」について講演がありました。

私も来賓として挨拶をしました。私は大学院の時、韓国からの留学生白さん(たぶん現在はソウル大学の教授と思います)と出会ってから日韓との親善を図らなくてはならぬと思い今日まで約40年間努力してきました。日本と韓国との関係は過去36年にわたる不幸な時代がありました。私たちはきちんとそれを総括し、両国が本当の意味で友好親善を深め未来志向で発展していかなくてはなりません。これから、世界は64億という全人口の半分以上が存在するアジア、その中でも日韓の存在が大きな位置を占めることは間違いありません。そのためには、今後、両国の、特に地方に住む人たちの草の根交流が一番大切だということを話しました。

私には日韓親善でいろいろな思い出があります。その一つは島根の青年を約30人づつ10年間、38度線の板門店にお連れし、国際情勢の厳しさを認識してもらった事、島根の県議会議長として慶尚北道との姉妹提携をしたこと、宝塚歌劇のソウル公演を実行するため、  お手伝いしたことなど昨日のようです

| | コメント (0) | トラックバック (0)

諸国漫遊 日光

Img_2444 Img_2450  Img_2439 Img_2441

徳川家康がお祭りしてある日光東照宮へ行きました。日光へ行くのは30年ぶりでした。世界遺産だけあって陽明門をはじめ眠り猫、見ざる、聞かざる、言わざるの猿の一生、鳴き龍などじっくり見学しました。「日光見ずして結構いうなかれ」と言いますが、久しぶりの日光を堪能しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鳩山農園「有機野菜を食べる会」 パート2 鳩山会館にて

Img_2510_2 Img_2514_2 

総選挙が近づいています。自民党もなかなか大変です。もし麻生さんでやれなければ、鳩山邦夫さんでやるのも一つの方法です。民主党が兄の鳩山由紀夫代表、自民党は弟の鳩山邦夫総裁ならば兄弟対決で世間の注目を浴びます。今、NHKの大河ドラマで「天地人」を放映しています。その中で直江兼続は「愛」を訴えました。鳩山由紀夫さんは「友愛」を訴えています。上杉兼信は「義」を訴えました。鳩山邦夫さんは「大義」を訴えています。テレビドラマの通り「愛」と「義」の戦いとなり結構国民の盛り上がりがあるのではないでしょうか。

夢の中のお話かもしれませんが。

まだまだ与野党とも何が起こるか分かりません。

左は奥様のエメリーさんとのお写真です。右は鳩山邸のマスコミ陣の写真です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

鳩山農園「有機野菜を食べる会」 鳩山会館にて

Img_2511_2Img_2501_2 Img_2502_3Img_2506 Img_2509Img_2505 

「鳩山農園でとれた有機野菜を食べる会」が開催され、鳩山邦夫先生からご招待があり、参加させていただきました。私は鳩山会館は初めてでした。やはり歴史の重さがあり、政治や教育のいにしえを感じることができました。

左の上の写真は鳩山邦夫、エミリーご夫妻と長男さんとのワンショットです。左の中は鳩山一郎総理大臣の立像です。また右の中の銅像は鳩山春子さまです。春子さまは共立女子大学の創設者です。

最近、私の家も園芸をやっていますので、いろいろな野菜についてもお話ができました。

ちょうど、今、政局の時でもあり、玄関口には報道陣がいっぱい来ていました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

十両隠岐の海関と幕下竹谷関を激励しました(両国にて)

Img_2432

heart04隠岐の島町の松田町長とご一緒に隠岐の島町出身の十両で活躍中の隠岐の海関と幕下の竹谷関を激励に行きました。隠岐の海関の肩のけがを心配しましたが、なかなか元気でこれからも頑張って必ず郷土の皆さんの期待にこたえると話していました。また竹谷関は先場所5勝2敗の好成績でこれからが楽しみです。お二人とも、好青年で、とても体も立派だし、年齢も23歳と21歳という若さなので必ず幕内で活躍されると確信しました。7月12日から名古屋場所が始まりますので、毎日、朝早くから稽古、稽古の連続のようでした。できれば名古屋へ応援に行きたいものです。fuji郷土島根の有望な力士ですから、しっかりと応援してください。本当に将来が楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

村上春樹さんの「1Q84]に挑戦

Img_2429 

heart02最近、世界的にも翻訳され、国内外でも活躍されている村上さんが「1Q84]上下が出版されました。ものすごい人気で、すでに100万部売れたそうです。長編小説ですが、私も忍耐と寛容で読みだそうと思い購入いたしました。最初に出てくるのが、ヤナーチェック作曲の『シンフォ二エッタ』です。私はそもそもこの曲を知りませんので、音楽に詳しい友人から借りて聞こうと思います。いつ頃、読み終わるのか心配です。(*^-^)皆さんも挑戦されたらと思います。(v^ー゜)ヤッタネ!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

平成21年度島根県武道連盟理事会の開催

sun平成21年度島根県武道連盟(千家尊祐会長)理事会が島根県立武道館で開催されました。武道連盟は日本古来の伝統を誇る、柔道、剣道、弓道、相撲、なぎなた、銃剣道により構成されています。私は相撲を代表して出席しました。

bud今年の一番の行事は第42回島根県武道振興大会を開催することです。この大会を通じて、県民の皆様によく知っていただく事と県民の皆様の心身の健全な発展に寄与しようとするものです。小、中学生高校生、成年とたくさんの選手が参加いたします。平成21年9月6日(日)に松江の県立武道館を中心に開催しますのでお出かけください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

三井家伝来「茶の湯の名品」 三井記念美術館 お江戸日本橋

Img_2414_2 Img_2419_3 Img_2421_2 Img_2423_3 Img_2426_2 Img_2427_2

heart02日本経済新聞に三井家伝来「茶の湯の名品」が連載されていました。ぜひ鑑賞したいと思い、日本橋の三井記念美術館を訪れました。三井家は江戸の豪商「越後屋」を起原としています。千利休以来のお茶道具、掛軸が蒐集された国宝、重文級の天下の逸品が展示されていました。!!(゚ロ゚屮)屮、お茶をされている人にとっては飽きることのない時間を過ごされると思います。私のような人間は、これは「いくらくらいするのかな」などと思いながら鑑賞するのは、なんでも鑑定団の見過ぎかもしれません。(o^-^o)でも本物を見るのはやはりいいことですね。(*´v゚*)ゞ

fuji三井記念美術館の近くに三井の本社とお江戸日本橋で有名な、日本の道100選の「日本橋」があります。Σ( ̄ロ ̄lll)、ご存知のように日本橋の上を高速道路が通過しているので、背景は全く悪いと思います。まさに近代の合理性と伝統、歴史のはざまを感じさせます。o(*^▽^*)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鳩山邦夫さん頑張れー

heart04鳩山邦夫さんが郵政の社長人事の問題で総務大臣を辞任されました。!!(゚ロ゚屮)屮、私は鳩山大臣の政治家としての心意気を評価します。こういう政治家が最近少なくなったことを嘆きます。good鳩山邦夫さんはすばらしい政治家に飛躍されると確信しています。頑張ってください。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

ホタルに遭遇 カエルの声の合唱 地球環境のバロメーター

Kaguya

heart01月探査衛星「かぐや」が07年10月14日以来2年のお勤めを終え、月に不時着したようです。最後の地球を写した写真は、ソ連の宇宙飛行士「ガガーリン」の言葉どうり、きれいな青い色でした。政府は日本の2020年時点の温暖化ガスの中期目標を05年比15%削減(1990年比8%減)にすると発表しました。かけがえのない地球を我々は守っていかなくてはなりません。いよいよ環境問題は待ったなしです。

run毎日、夜、運動のため歩きますが、昨夜は今年初めてホタルに遭遇しました。今年はホタルに会えるかどうか心配でしたが、ほっとしました。でも数匹なのでまた心配になります。子供のころは毎晩ホタル篭をを持って「ほーほーほたる来い、あっちのみーずはにーがいぞ、こっちのみーずはあーまいぞ」と大きな声を出しながらホタル狩りに田んぼのあぜ道を走りまわりました。天空一杯のホタルでした。今年こそは空いっぱいにホタルが飛んでほしいものです。

cancer田植えも終わり、稲もすくすく育っていますが、田んぼのカエルの声は今年も元気です。姿は見せぬが、声はするカエルの鳴き声に合わせながら歩きます。沢ガニカタツムリ等の姿も早く見たいものです。

emptyホタルが天空に舞い、カエルの声がやかましいほど響くのが地球の環境が守られている証です。

clubやっぱり田舎がなくてはと思いながら毎日歩きます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

いよいよ夏のイベント始まる 水の都プロジェクト協議会 宍道湖の[嫁が島]に集いましょう

Img_2412 ポスターの原案

heart04江はホーランエンヤが終わり、いよいよ夏のイベントの準備が始まりました。昨年、大成功をおさめた「嫁が島祭ー湖上大鼓とステージイベント」(主催 水の都プロジェクト協議会)の開催に向けて準備が始まりました。

note7月25日(土)、7月26日(日)は嫁が島で和太鼓演奏が開催されます。また8月1日(土)には歩いて渡る嫁が島(午前中)が開催されます。掛合太鼓、佐田鬼面太鼓等6チームが出演します。多くの皆さんがお出でになるのを期待しています。

airplane松江は開府400年祭でいろいろなイベントが行われていますが、国際観光都市として宍道湖中海圏の世界遺産登録を打ち上げるべきです

loveletterお問い合わせは:松江市米子町8番地29 TEL0852-26-3479FAX0852ー26ー3724

| | コメント (0) | トラックバック (0)

上海旅行の反省会  「布野」食堂のオムレツはとても美味しいです

Img_2263 Img_2215 Img_2241 Img_2203_2

heart025月に上海に旅行した人たちと松江の南田町の「布野」で懇親会を開催しました。写真を交換をし、思い出話に花が咲きましたました。島根大学の関準教授を来賓としてお呼びしました。

sun誰も中国の現実を見聞し、将来、日本は中国ときちんとした提携を図れば、相互に未来志向で発展できると思います。特に島根は日本海側にあり一衣帯水の関係であり、知恵を絞ればいろいろなことができるのではないでしょうか。

emptyしかし、中国の環境の悪さは相当なものがあり、黄砂や食糧などの影響を我々も受けています。空気清浄化や淡水化技術の確保などに日本の技術なくしてはできないと思いました。いつかまた訪問したいと思います。

[布野」の オムレツはとても美味しいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

倉敷美観地区 パート2

Img_2370Img_2376 Img_2381Img_2385Img_2371Img_2383

sun「美観地区」とは、旧市街の街並み保存地区のことです。メインエリアの倉敷川沿いには白壁の蔵が立ち並び、その北側の本通りにも古い町家が軒を連ねています。倉敷きは天領として栄えた江戸時代の面影を残しており、国の重要伝統的建造物群保存地区に選定されています。 upwardright[カモ井]という店は昔は、蝿とり紙で有名だった店です。今、蝿とり紙はアフリカあたりで普及していると聞きました。左中の写真を拡大すると小さなwave灯台が見えます。これは美観地区が、今は埋め立てられていますが、昔は海だったからだそうです。

下の左の写真は明治に逓信大臣前島密翁が初めて日本に郵便制度を作ったときのpostoffice郵便ポストです。今のように赤色ではなく、黒色でした。また右の写真は日本でただ一つの日本古来の民家を事務所にした証券会社、dollar「北田証券」です。カリスマ案内人藤野利明さんの説明より。

Img_2379_2 Img_2395_2 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

暴走する資本主義 ロバート・B・ライシュ著 再読

Img_2401 

昨年の8月10日にご紹介しました「暴走する資本主義」ロバート・B・ライシュ著を再読しています。あの当時、現在の世界の状態を想像することはできませんでした。今、この本を読み返しますと宝の山と言ってもいいほど示唆されるところがあります。アメリカは第二次大戦後、大量生産、大量消費の時代を迎え、企業は政府規制と産業計画の緩和の必要性のもと、巨大企業は一段と企業規模を拡大しました。そして各産業をリードする二、三の巨大企業が、内々に談合するだけで、価格維持と生産調整を行うことが可能となり「寡占的協調」が行われるようになりました。自動車はGM、フォード、クライスラーの三社が牛耳りました。

あれから約半世紀過ぎた現在、この三社は見る影もなく、GM、クライスラーは政府指導のもと破産法11条の扱いを受け、それでも政府の温かい援助で国家管理のもと、再建を図ろうとし、フォードも四苦八苦して再建に不安があります。隔世の間とはこのことをいうのでしょう。

1953年アイゼンハワー大統領は「エンジン・チャーリー」の異名を取ったGMの社長チャーリー・アーゥイン・ウィルソンに国防長官就任を依頼しました。

チャーリーは上院の公聴会で、その当時の一般的見解を述べている。

国益とGM との利益が食い違う場合に国益に沿った決定ができるかどうか問われた時に、チャーリーは「できます」と答え、すぐ次のように付け加え上院の面々を安堵させた。

「私には利益相反は想像できません。なぜなら、ここ数年、私が国のためになると考えたことはGMのためになりましたし、その反対も同様でした何の食い違いも生じませんでした。私たちの会社は非常に大きいので、国益と常に合致するのです」。ーー今の惨憺たる状況は何というべきでしょうか

| | コメント (0) | トラックバック (0)

神西湖の畔 中国の蘇州に似ています

Img_2399 Img_2398

中国の蘇州には江南という街があります。湖陵町にも江南という街並みがあります。蘇州の太湖ほど大きくはありませんが、神西湖があります。神西湖も昔から屋形船が浮かび人々の憩いの場所です。シジミ貝やウナギをはじめ食材も結構あります。湖のほとりに「鈴屋」さんといううなぎ屋があります。ここのウナギ料理の味はそれこそ天下一品です。一度訪れられたらと思います。湖陵町時代からお世話になり親しくしていただいた方々と談論風発、ウナギを食べながら楽しいひと時を過ごさせていただきました。皆さん、知識人ばかりですから、政治、経済、文化、日本のこと、世界のこと当意即妙な会話に驚くばかりでした。本当に楽しい時を持たせていただき感激しました。少し飲みすぎました。ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

倉敷美観地区 パート1 大原家を語らずして倉敷きは語れない

Img_2394_2 Img_2351 Img_2369 Img_2357Img_2358Img_2353_5

岡山県、倉敷を栃木県の親友である国井正幸先生とともに初めて訪れました。ご当地名案内人藤野利明さん(写真)の名調子の説明を聞きながら大原美術館を中心に美観地区を散策しました。まず大原美術館、東洋館、大原別邸「有隣荘」、モネの「睡蓮」に由来する睡蓮のあるお庭、大原家家紋、今橋の龍の絵など大原家だけ見ても相当な時間が必要です。

特に、今橋の前に立つ大原美術館は倉敷紡績2代目社長である大原孫三郎氏が友人の画家である児島虎次郎氏に収拾させたヨーロパの名画を展示するために昭和5年に開設させました。日本にあること自体が奇跡ともいわれるエル・グレコの「受胎告知」には全く驚かされました。今評価すれば100億円するそうです。

Img_2362_4 Img_2365_3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

赤来高原 ヤマト芋

Img_2396 Img_2397

国道54号線の飯南町エリア内に「道の駅」と併設して特産品売り場があります。そこで飯南町ヤマト芋生産組合の山崎昭三組合長とお会いしました。ヤマト芋の生産に携わってすでに15年になります。今では販路も広がり、にこにこ顔でした。東京の高級スーパ―「紀伊国屋」にも進出し全国展開を図っています。

ヤマト芋は天然山芋に匹敵するほど粘りが強く、芳香な風味と豊かな栄養を持ち、芋類の王様といわれています。一度ご賞味してください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

運命の人 山崎豊子

Img_2348

山崎豊子さんがまたまた長編小説「運命の人」4巻を発表しました。3巻まで読破しました。4巻の発売が待たれます。これまで山崎さんは「白い巨塔」「華麗なる一族」「不毛地帯」「二つの祖国」「大地の子」「沈まぬ太陽」など長編小説を発表されています。ノンフィクション的要素もありとても興味深く読みました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ついにXデー 次なる主役は? 電気自動車

Tesura

サブプライムローンの破たんが、ついに米自動車大手3社のうちクライスラーに続いてGMが法的整理で世界の自動車業界は変動の時期を完全に迎えた。自動車生産はアメリカ一国だけのものではなくなり、この大動乱期は技術革新発展を促し、世界の自動車業界の地図が変わっていくでしょう。

インドでもタタという20万円台の車がバカ売れしています。トヨタ、ホンダではプリウス、インサートなどハイブリット車が熾烈な販売合戦を行っています。そしていよいよ電気自動車の開発も実用化に向け、世界各国が熾烈な戦いに入ったと思います。およそ100年前、自動車の黎明期に、人々の心をつかみかけていたのは電気自動車でした。しかし、ガソリン車「T型フォード」の登場とともに姿を消し、大気汚染や石油の枯渇が叫ばれるたびに期待されては消えて行きました。2009年、この経済危機の中、再び電気自動車はスッポトライトを浴び、今度こそ本当の潮流になるべく世界各国が研究が進めてます。お隣の中国でもBYDオートが実用化に向け参入してきました。日本も電池元年としてGSユアサ、パナソニック、東芝などしのぎを削りだしました。アメリカのロスアンゼルスのシリコンバレーでテスラ・ロードスターという電気自動車が約1000万円で販売されています。電池は日本製です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

農業の大切さ

Img_2347 Img_2345 Img_2344 Img_2342

田植えも終わり、今、田んぼの草取りで、田車廻しが大忙しです。

この間のブログでトマトやナスビ等を植えたといいましたが、既に小さいながら実をつけてきました。また葉大根も芽を出して大きくなってきました。自分で少しでもかかわるとなにかいとおしくなります。もう少しすれば食べごろになるでしょう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

掛合太鼓保存会

Img_2341

掛合太鼓保存会(会長景山俊太郎)の理事会、代議員会が開催されました。多くの会員の皆様のおかげで組織を強化し、郷土芸能を守ることができました。昨年も県内外で公演し喜んでいただきました。今年も念願のハワイ公演をはじめ多くの公演活動が控えています。打ちての方も人数が増えて喜んでいます。ジュニアの方も学校をはじめたくさんのご協力のもとに充実してきています。今後も皆さんのご協力をよろしくお願いいたします。英文での紹介パンフレットもできました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »