« 吉田村に連綿として続くお菓子屋さん | トップページ | 伯備線へフリーゲージ・トレインを進めるべきです »

オバマ大統領が広島、長崎訪問し、麻生総理がハワイの真珠湾を訪問することを期待する

西崎文子成蹊大学教授は朝日新聞で『オバマ大統領を際立たせているのはその歴史感覚ではないか。「核兵器のない世界」を謳ったプラハでの演説を聞いて、そう感じた。この演説に盛り込まれたふたつの歴史と、新たに導かれた歴史認識の可能性だったのではなかろうか。その歴史の一つは、チェコを舞台にするものである。1968年の「プラハの春」では市民がソ連の支配から自由を模索した。芸術や文化を総動員したチェコの抵抗の歴史を物語ることでオバマ大統領は自由な社会は人々の弛まぬ意思と不屈の精神があってこそ実現すると語りかけたことである。もう一つは、核時代の歴史に他ならない。オバマは核兵器を使用した唯一の国である米国が、核軍縮を率先する道義的責任を持つと明言した。自国の原爆投下に言及し、核が実戦に使われた事実に触れたことの画期性は強調してもしきれない。』と述べている。

そこでオバマ大統領が広島、長崎を訪問し、麻生総理が太平洋戦争の発火点であるハワイの真珠湾を訪れたら真の日米の平和が訪れるでしょう。-平和への旅

|

« 吉田村に連綿として続くお菓子屋さん | トップページ | 伯備線へフリーゲージ・トレインを進めるべきです »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

 先日、今井美術館に友人が出かけたので、満州の絵がどんなのかよく観てきてね と頼みましたら、絵葉書を購入してきてくれました。友人曰く、葉書は小さすぎて人々の表情がわからないとのことでした。でも、暗く憂いのある力作だと思いました。
「プラハの春」についてですが…たまたま先頃BSで、プラハの無辺大行進デモのドキュメンタリーを見ました。ろうそくを持って静かに静かにゆっくりと進む人々の波は、本当にすごいものでした。その裏で失敗すれば銃殺されるであろうと体を張って頑張ったリーダーの姿がありました。正義の為に心血を注げば必ずよい世界が開かれると思います。

投稿: かりんとう | 2009年4月17日 (金) 16時51分

すみません!
無辺 ではなくて、無血大行進 でした。

投稿: かりんとう | 2009年4月17日 (金) 17時01分

いつもコメントありがとうございます。平和がいかに人類に大切かということをもっともっと考えるべきです。

投稿: 景山俊太郎 | 2009年4月17日 (金) 17時15分

原子爆弾と言う大量破壊兵器を使用した民間人に対する無差別大虐殺と、
通常兵器による軍事目標に限定した攻撃を同列に扱うのはあまり好ましいことではないと思います。

死傷者の数も、広島・長崎大虐殺と真珠湾攻撃とでは桁が違いますし。

投稿: | 2009年4月19日 (日) 03時04分

コメントありがとうございます。

投稿: 景山俊太郎 | 2009年4月19日 (日) 08時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/517932/44691810

この記事へのトラックバック一覧です: オバマ大統領が広島、長崎訪問し、麻生総理がハワイの真珠湾を訪問することを期待する:

« 吉田村に連綿として続くお菓子屋さん | トップページ | 伯備線へフリーゲージ・トレインを進めるべきです »