« 自公連立政権 島根の場合 | トップページ | 奥出雲町長に井上勝博さん無投票当選おめでとうございます。 »

島根大学関耕平準教授の新学期の初講義

島根大学の関耕平準教授の新学期の講義が始まりました。私は今年も関準教授の「財政学」を受講することにしました。関準教授は話が分かりやすく明快であるし、31歳という若さから大変学生に人気があります。今日も教室は生徒で満杯でした。今年の教室の雰囲気は去年までと違って少しレベルが高いように感じました。私が島大に講義を聴きに行くと宣伝したからか教室に入ったら知ってる方が受講に来ていました。今、大学生の数が減少傾向にあり大学間の競争は熾烈を極めているといわれています。島根大学といえども例外ではないと思います。

「財政」とは、公権力を持つ団体の経済活動を指し、「財政学」とはそれを分析・解明する学問です。現代社会で巨大化する財政の役割、これを解明することは「現代社会がどのような社会であるのか」ということを解明すことに他なりません。今、深刻な世界経済の中で各国政府や中央銀行による財政出動等は時宜にあった課題だと思います。

|

« 自公連立政権 島根の場合 | トップページ | 奥出雲町長に井上勝博さん無投票当選おめでとうございます。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/517932/44671232

この記事へのトラックバック一覧です: 島根大学関耕平準教授の新学期の初講義:

« 自公連立政権 島根の場合 | トップページ | 奥出雲町長に井上勝博さん無投票当選おめでとうございます。 »